« ドロシー・ロー・ノルト「子ども」 | Main | 灯台守マツモトさん、ガンバレ! »

2005.04.25

『ノルウェイの森』その1

金の猿さんのブログに触発されて、村上春樹の『ノルウェイの森』をもう1度読む。

去年村上春樹好きの人と知り合い(リアルで)になって、村上春樹のマイブームがくすぶり始めていたのだが、WEBサイト村上モトクラシのオープンと共に、どうやら本格的なものになってきたようだ。と書くとまるでヒトゴトみたいだが。

『ノルウェイの森』はオカダにとっては、あまりに売れすぎたので、ちょっと敬遠気味だった作品だ。もちろん発売時にすぐ買って読んではいたのだが、それからは手にとることもなく過ごしてきた。

今回再読してみて、やはり素晴らしい作品だと再認識した。

(その2につづく)

|

« ドロシー・ロー・ノルト「子ども」 | Main | 灯台守マツモトさん、ガンバレ! »

Comments

オカダさん、こんばんは。

> あまりに売れすぎたので、ちょっと敬遠気味だった作品だ。

同じです、金さるも最初は名前だけで敬遠。読みはじめたときも、「多分、たいしたことないだろう……」と思いながら、読んでました。

結果は、おおはずれだったんですが……

でも運命の1冊は、「出会うべきときに出会うんだな~」といまでは実感しています。

Posted by: 金の猿(金さる) | 2005.04.27 at 08:47 PM

金さるさん、レスどうも。

>でも運命の1冊は、「出会うべきときに出会うんだな~」といまでは実感しています。

よくわかります。オカダにとっての運命の1冊は、『風の歌を聴け』であり、もう1冊は『「おじさん」的思考』なんです。あ、運命の2冊ですね。

Posted by: オカダ | 2005.04.28 at 10:20 AM

Hello, I enjoy reading through your article post. I wanted to write a little comment to support you.

Posted by: Carin | 2014.07.06 at 12:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/3854872

Listed below are links to weblogs that reference 『ノルウェイの森』その1:

« ドロシー・ロー・ノルト「子ども」 | Main | 灯台守マツモトさん、ガンバレ! »