« オカダの羊をめぐる冒険、その2 | Main | TVドラマ『がんばっていきまっしょい』特別艇 »

2005.07.28

TVドラマ『がんばっていきまっしょい』第四艇

今回のストーリーは、大野仁美がいよいよ女子ボート部のコーチになって、合宿が行われるという話。

初めの方でいきなり新配役の中田三郎が登場してきたのにはビックリ。映画では出てこなかった原作の第2部「イージーオール」では、中田三郎は非常に重要な人物なので、ドラマでも外せないだろうとは思っていたのだが、ドラマでは原作以上に大活躍するという設定なのだろうか。キャスト&スタッフも短期間での撮影、大変だっただろう。

しかし、新しい田口君の中田三郎は、内君のより王子様度は少し落ちる印象。原作では成績も学年トップなのだが、そういう風に見えないところが少し残念。

今回のストーリーの目玉は、悦ネエと仁美コーチとの対立。ボートを漕ぎたい悦ネエたちに対して、ボートの講義、そしてエルゴメーターによるトレーニングを命じるコーチ。とうとう合宿最終日にキレて、勝手に海へと漕ぎだしてゆく悦ネエたち。

選手とコーチの確執という展開は、スポ根ドラマでは定番とも言えるものだと思う。このドラマもそれをきっちり踏襲しているようだ。

そして、漕いでみて、基礎トレーニングの成果を実感した悦ネエたち。夕陽の海で、それを話し合う悦ネエたち。ここはなかなかいいシーンだった。

でも、本来ならもう少し盛り上がるシーンになるはずだったのだろうが、この時点で、陸では悦ネエたちが遭難したのではという騒動が持ち上がっており、見ているこちらとしては、悦ネエたちの会話をじっくり聞いている余裕はなかった。悦ネエたちの夕陽のシーンと、陸で遭難したのではと騒ぎ出すシーンとは、順番を逆にした方が良かったのではないか。というか、騒ぎ始めるのが早かった気がする。それにしても、三郎はなぜいつもと違う方へこいでいったと気づいたのだろう。いつもは練習を見ていない筈なのだが。

そして最後の場面。謝る部員たちに対して、立ち去る仁美。それはちょっと大人げないんじゃ、という気がした。さらに女子部員に絶縁状を叩きつける男子部員たち。ちょっと驚きの展開だった。原作、映画共にブーは悦ネエを見守る立場だったのに、真っ先に糾弾の声を上げるとは。

ということで今回の話、どこまでそうなのかはわからないが、ついつい例の事件の悪影響を考えてしまって、十分には楽しめなかった。オカダの評価は☆☆★。

次回は特別艇ということで少し残念ではあるが、その間に体制をたて直してもらいたい。キャスト&スタッフのみなさん、がんばっていきまっしょい!しょい!もひとーつ、がんばっていきまっしょい!しょい!

|

« オカダの羊をめぐる冒険、その2 | Main | TVドラマ『がんばっていきまっしょい』特別艇 »

Comments

いつも 拙ブログにTBありがとうございます。

まぁ、観る方も

「がんばっていきまっしょい!」

って事で^^;

Posted by: ブタネコ | 2005.07.28 at 09:42 PM

おいおい、ちょっとちょっと、君等軽率とちゃうか!の連続でしたね。最終的には「あの子達に青春をもらった」大野夫人コーチなんですから収まる所に収まるんでしょうが、自己中甚だしい!!と私が夫なら張り倒すでしょう^^)。ご主人、えらい!

五人娘がガンガン漕いでいく所はよかったですね。

男達はもうすこしどっしり構えていただきたいけど、あれが現代の男の行動なんだねと、少し哀しいことは哀しい。

Posted by: Shino | 2005.07.28 at 11:28 PM

ブタネコさん、どうも。
おしゃるとおりですね。これからも暖かく見守っていきたいと思います。

Posted by: オカダ | 2005.07.29 at 06:07 PM

Shinoさん、どうも。
大野夫妻の関係も、これからまだまだ波乱がありそうですね。あそこまでドロドロしたものを持ち込まなくても、という気もしましたが、どう収めるか、これからのストーリーに期待します。
現代ではすぐ感情的になって、衝動的に行動する人が増えてるようなので、その点では時代を反映していると言えるのかもしれません。

Posted by: オカダ | 2005.07.29 at 06:13 PM

コメントさせていただきます。前回はTBありがとうございました。海の上で基礎トレーニングの成果を実感するシーン。確かに陸の騒動で隠れてしまった感じがしました。陸にあがってきてから何気なく思い出して、「あれ、私たちって…」という見せ方もあったと思いますが。

Posted by: ドラマの視点 | 2005.07.29 at 10:41 PM

ドラマの視点さん、コメントありがとうございました。
表現の仕方はいろいろあると思いますが、今回の構成はちょっとどうかと思いました。
ブログ拝見しましたが、第4艇も好意的に評価されているようなので、自分はやや辛目なんですが、うれしく思いました。

Posted by: オカダ | 2005.08.01 at 06:49 PM

お久しぶりです。第四艇の田口君については賛否両論ですが、私も内君のほうがよかったように思います。なんとなく田口君は少し軽い印象を受けますね。でも第三艇をもう一度見てみると、タイトルバックの内君の名前が無くなっていたり、内君のシーンの変わりに別のをあてていたりして淋しかったです。でも田口君なりに中田三郎を演じて欲しいですね。これからに期待しましょう。
来週の特別艇も楽しみです☆

Posted by: まゆんこ | 2005.08.01 at 07:45 PM

まゆんこさん、おひさしぶりです。
毎日暑いですが、勉強頑張ってますか。

田口君にも頑張ってほしいですね。せっかくのチャンスだし。

ということで、今夜の特別艇も楽しみですね。

Posted by: オカダ | 2005.08.02 at 05:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/5203561

Listed below are links to weblogs that reference TVドラマ『がんばっていきまっしょい』第四艇:

» がんばっていきまっしょい 4話 [『ブタネコのトラウマ』 Blog版]
がんばっていきまっしょい 第4話を観た。... [Read More]

Tracked on 2005.07.28 at 09:38 PM

« オカダの羊をめぐる冒険、その2 | Main | TVドラマ『がんばっていきまっしょい』特別艇 »