« TVドラマ『がんばっていきまっしょい』第七艇 | Main | オンライン書店の楽しみ »

2005.08.25

ジェイズ・バーの片隅で

今週の第18回村上モトクラシ大調査は、

Q1・村上春樹さんの小説に登場するキャラクターを男女別に選んでみました。あなたが会ってみたい登場人物で、3時間くらいお茶するなら誰ですか? 【男性篇】

オカダの答は『1973年のピンボール』の「ジェイ」 。

以前のエントリーでも書いたことがあるのだが、「ジェイズ・バー」は、オカダの憧れだった。カウンターに座って、透明な茶色で泡の出る「お茶」を飲みながら、忙しそうに動くジェイを眺めつつ、取り立てて話をするでもなく、二言三言言葉を交わしたりして、そんな風にゆったりと過ごせたらいいなあ、などと想像してしまう。

みんなの回答の1位が『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の「博士」というのはちょっと意外だった。

Q2・村上春樹さんの小説に登場するキャラクターを男女別に選んでみました。あなたが会ってみたい登場人物で、3時間くらいお茶するなら誰ですか? 【女性篇】

オカダの答は『羊をめぐる冒険』の「素敵な耳をもった彼女」 。

これは金さるさんと一緒だった。是非とも耳を「出した」状態を見てみたい。

回答の1位は『ノルウェイの森』の「レイコさん」 。柚木さんもそうだった。これはよくわかる。

番外編で「奇譚」を募集しているが、やはり思い浮かばない。自分の人生は平凡かというと、端から見たらそう見えるかもしれないけど、本人にとっては結構波瀾万丈だったりする。と書いているうちに思いついた。忘れないうちにメールしなきゃ。

あと余談だけど、灯台守マツモトさんがジャズのライブに行かれたとのこと。田舎に住んでいる者としてはなかなか行けないので羨ましい。誰が演奏していたのか気になる。

マツモトさんは「拍手をするタイミング」を気にされてるようだが、その気持ちはよくわかる。ライブの映像などを見ていると、ソロ演奏に対して実にうまいタイミングで拍手しているが、マツモトさんの言われるように実際にはなかなか難しい。でもまあ、ジャズってのはそんなに堅苦しく聴くものじゃないから、自分がいいと感じたら拍手すればいいんじゃないかと思います。

|

« TVドラマ『がんばっていきまっしょい』第七艇 | Main | オンライン書店の楽しみ »

Comments

オカダさんも、素敵な耳の彼女ですか!

このアンケートで気付いたんですが、
村上作品のなかで一番好きな女性かも
しれません。

話していて飽きない女性かな?

Posted by: 金の猿(金さる) | 2005.08.25 at 09:52 PM

オカダさんは「ジェイ」ですか。「ジェイズ・バー」には柚木も行ってみたいです。
でも「三時間くらいお茶」という質問だったので、柚木の頭には真っ昼間の喫茶店で二人っきり……という過酷なシチュエーションしか浮かんできませんでした。
麦ジュースも可、ならまた少し選択が変わってきそうです。

『がんばっていきまっしょい』、うちでは息子さんが一番熱心に見ています。
「キャッチ・ロ~」とボートの漕ぎ真似をしております。

Posted by: 柚木 | 2005.08.29 at 02:24 PM

金さるさん、どうも。

オカダとしては、耳をぼーっと見てるだけでも3時間もちそうです。

Posted by: オカダ | 2005.08.30 at 07:01 PM

柚木さん、こんばんは。

確かに、よく考えると二人っきりでお茶だけで3時間、というのはよっぽどの相手じゃないと難しい気がします。女性同士だと普通なんでしょうか。

『がんばっていきまっしょい』見てると、ボートを漕いでみたくなりますよね。息子さんも、将来漕ぎ屋になっちゃいますかね(^_^.)。

Posted by: オカダ | 2005.08.30 at 07:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/5633932

Listed below are links to weblogs that reference ジェイズ・バーの片隅で:

» 村上春樹さんの小説に登場する登場人物と、もしも会話できるとしたら? [ノルウェイの森と金の猿 ~100%村上春樹ヴァージョン~]
火曜日恒例の『モトクラシ大調査』。 もうご覧になりましたよね? 今回のアンケート [Read More]

Tracked on 2005.08.25 at 09:53 PM

« TVドラマ『がんばっていきまっしょい』第七艇 | Main | オンライン書店の楽しみ »