« やさしいかおりのする秋に | Main | 『ブラフマンの埋葬』 »

2005.10.20

『人生後半戦のポートフォリオ』

hoddyさんが、以前御紹介した 水木楊 『人生後半戦のポートフォリオ』 文春新書 を読んだ感想をブログにエントリーしてくださった。この本は1年ほど前に読んで、非常に考えさせられた本だ。内容についても、hoddyさんが的確に紹介されている。

カネ、モノ、自由な時間は三者択一の関係がある。
100%=M(MONEY)+G(GOODS)+FT(FREE TIME)
例)Mが減れば、GとFTが、あるいはどちらかが増える。

この2行目の式は恒等式になっている。100%というのは、人間の人生全体を表すものだと考えてもいいと思う。英語で言うとリソースという言葉が近い感じがする。

我が身を振り返ってみても、M(MONEY)を増やすためにFT(FREE TIME)をどうしても犠牲にせざるを得ない。また、オカダはモノにこだわる性格なので、本やCD、ビデオなどがどんどん増えてしまい、それによってM(MONEY)や、モノを管理するためのFT(FREE TIME)も犠牲になってしまっている。

この本に従って自分の時給を計算してみた。すると、5分当たりでも無視できない金額になることがわかり、改めて時間の貴重さを認識した。万人にとっても1日は24時間しかないし、しかも自分の人生がどれくらいあるか、わからない。『「時間」って奥が深いですね』というhoddyさんの意見に激しく同意。

大切なことは、「時間を自分の選択にもとづいて最も有効に過ごそうとしたとき、時間は初めて最も価値のある財になる」ということを日々はっきりと自覚していることではないだろうか。

hoddyさんの今の理想を数式にすると・・・

時間×努力×才能×運
  = 快楽-苦痛+健康+カネ+モノ+無駄
    = 人生

ということだそうだ。「無駄」というものを重要視しているところが興味深い。確かに、何事においても無駄は必要だと思うし、逆に言うと無駄を徹底的になくそうとすることは、極めて危険なことのように思う。

今回hoddyさんのエントリーを受けてこの本をパラパラとめくってみたが、哀しいかな内容をほとんど忘れていた。とても内容の濃い本だから、もう1度読んでみよう。いつになるかわからないけど(笑)。

|

« やさしいかおりのする秋に | Main | 『ブラフマンの埋葬』 »

Comments

オカダさん、ありがとうございます。
最近のニュースを見ても、MとGを追求するような話が多いですよね。ボク自身も例外ではありませんけど・・・
そんなボクは時間は無限にあるような錯覚に陥っている・・・あるいはそのように信じ込もうとしているような気がして、反省しています。
今日も子どもとふたりで真っ青な空を見上げると、「人生万歳」と叫びたい気分になりました。

それにしても、感想を共有するっていいですね。
ブログの面白さを再認識しています。

Posted by: hoddy | 2005.10.20 at 10:17 PM

hoddyさん、こんばんは。
MがMを産むのが資本主義というものだから、仕方がない面もあるとは思いますが、ほんとにMの話ばっかりですよね。

今日の内田先生のブログにも書いてありましたが、お金というのは何かと交換するための「手段」であるはずなのに、お金自体を「目的」だと考えている人が多すぎるような気がします。

Posted by: オカダ | 2005.10.21 at 07:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/6487531

Listed below are links to weblogs that reference 『人生後半戦のポートフォリオ』 :

« やさしいかおりのする秋に | Main | 『ブラフマンの埋葬』 »