« ゴールデンウィークの谷間で | Main | 『東京タワー』 »

2006.05.08

『パッチギ!』

WOWWOWでハイビジョン放送された映画『パッチギ!』を見た。

1968年の京都が舞台ということで、その頃のことを体験していないにもかかわらず、とても懐かしく感じた。また、全体を通して関西ノリで、笑いどころ満載だった。

基本は青春映画なのだけど、主人公松山康介が恋する相手がキョンジャという在日朝鮮人の女の子だったところがポイントだ。

そして『イムジン河』という、放送禁止になった幻の歌をモチーフに据えたところが何よりもよかったと思う。河は、北と南との間にあるもの、そして日本人と在日朝鮮人との間にあるものを象徴しているのだろう。

ラスト近く、目の奥が熱くなり、涙が出て止まらなかった。こんなに涙を流したのはひさしぶりで、まさしくカタルシスを体験することができた。これこそ映画だ。井筒監督にまんまとやられたという感じ。ふだんTVでえらそうなことを言ってるが、こんなにもいい映画を撮っていたとは。

ただ、ケンカのシーンが多くて、血と痛いことが苦手なオカダにはちょっと苦痛だった。

キョンジャ役の沢尻エリカは、ちょっとクールでしっかり者の女の子を好演していた。姿勢が良く、立ち居振る舞いが優雅だった。

目に付いたのは、キョンジャの親友役で出ていたちすん。NHKの朝ドラ「風のハルカ」にも出ていたけど、いい味を出していた。吉本興業所属の女優ということで納得。

もう1人、主人公の親友役で出ていた小出恵介は表情豊かで面白かった。現在はTBSドラマの『おいしいプロポーズ』に出ていて、今や売れっ子になってるそうだ。

また、オダギリジョーは相変わらず独特の存在感を示していた。

|

« ゴールデンウィークの谷間で | Main | 『東京タワー』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/9962466

Listed below are links to weblogs that reference 『パッチギ!』:

» 沢尻エリカ [芸能人・マスメディア名鑑]
1986年4月8日生まれ。本名は澤尻エリカ。東京都出身の女性モデル・女優。2001年デビュー。スターダストプロモーション所属。身長160cm、スリーサイズはB83 W58 H86。アルジェリア系フランス人の母をもつハーフで、3人兄妹の末っ子である。日出女子学園中学校・日出高等学校中退。 ... [Read More]

Tracked on 2006.05.08 at 09:08 PM

« ゴールデンウィークの谷間で | Main | 『東京タワー』 »