« これが現実 | Main | これが現実、その2 »

2006.06.16

静かな余生

今日用事があって、とある特別養護老人ホームへ出かけた。昨年増築したとかで、床はフローリング、食堂兼談話室も広々としてて、天井も吹き抜けで三角形になっていて、まるでペンションみたいな感じだった。

ソファーに座ってコーヒーをいただきながら、中庭の芝生の上で雀が何かをつついてるのをしばし眺めた。外から吹いてくる風が心地よかった。こういうところで静かに余生を送るのも悪くないだろうなあ。どんな老後を送ることになるのか、全然ぴんと来ないけど。

|

« これが現実 | Main | これが現実、その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/10551103

Listed below are links to weblogs that reference 静かな余生:

« これが現実 | Main | これが現実、その2 »