« 『仕事を成し遂げる技術』 | Main | 『終末のフール』 »

2006.07.07

ウィンブルドン

夕べは、録画しておいたワールドカップフランス対ポルトガルの試合を見た。結果がわかってる試合を見るのはあまり面白くないけど、今大会が最後というジダンのプレーが見たかったので。

やっぱりうまいなあ、ジダンは。ボールタッチが柔らかいし、プレーにメリハリがあるし、キックにはキレがあるし。PKも、冷静にさっと決めた。ガッツポーズは怖かったけど(笑)。

フランスの鉄壁の守備陣もさすがだったなあ。あと、ポルトガルのクリスチアーノ・ロナウド選手はかっこよかった。ドリブルにスピード、キレがあった。ああいう選手が日本からも出てくれないかなあ。

その後TVではテニスのウィンブルドン大会の女子準決勝、シャラポワ対モレスモの試合を中継していたのでつい見てしまった。

今でこそオタク属性の高いオカダだけど、昔はテニスボーイだった(笑)。プレイしなくなって、観る方にも興味がなくなっていたけど、久々に見て面白かった。

テニスは、もの凄く精神力、集中力を要求されるスポーツだと思う。これで試合が決まるという場面での、セカンドサービスをするときの緊張感と言ったら。といってもただの遊びのゲームなんだけど。オカダは何度もダブルフォールトしたなあ(笑)。

|

« 『仕事を成し遂げる技術』 | Main | 『終末のフール』 »

Comments

オカダさん こんばんは。
テニスの深夜録画放送、たまに見るんですけど、そういえば今回は全然見てないです。
テニスも見るとおもしろいですよね。

>昔はテニスボーイだった(笑)。
私も笑いました(失礼!) ほんとに意外で(笑)

Posted by: ciao* | 2006.07.07 at 09:14 PM

トラックバック失礼致します。

Posted by: toshiki | 2006.07.08 at 04:36 PM

ciao*さん、こんばんは。
今回のウィンブルドンは、すっかりワールドカップの陰に隠れてしまったような感じですね。見てるこっちも緊張してきて面白いですよね。

そうですか、やっぱり意外でしたか(笑)。

Posted by: オカダ | 2006.07.10 at 06:37 PM

toshikiさん、TBありがとうございました。
シャラポワ、本当に惜しかったですね。

Posted by: オカダ | 2006.07.10 at 06:44 PM

なるほど、ありがとうございます。走ることばかり考えておりました。

Posted by: toshiki | 2006.07.10 at 08:16 PM

こんばんは、コメントありがとうございました。
オカダさん、テニスボーイだったんですか。
私もかつて、テニスを楽しんでおりましたが、なにしろ運動神経が微妙なもので、テニススクールで特訓した私よりも、あとから自力ではじめた人の方が断然上手で憂鬱な気持ちになった記憶があります。
はい、「テニスガール(?)の憂鬱」でございます。
失礼しました~。

Posted by: acorn | 2006.07.13 at 09:18 PM

acornさん、コメントありがとうございました。
同じくテニスをされてたんですね。僕も、前衛で目の前にボールがきたら思わず目をつぶっちゃうような運動神経で、全然うまくありませんでしたが、たまにいいショットが打てると気持ちがよかったです。
これからもよろしくお願いします。

Posted by: オカダ | 2006.07.14 at 07:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/10836880

Listed below are links to weblogs that reference ウィンブルドン:

» テニスの女王シャラポワのため息。 [プールサイドの人魚姫]
女子テニス界の女ランボーと異名を持つアメリ・モレスモに準決勝で敗れたテニス界の女神マリア・シャラポワであったが、やはり世界の壁は厚くファッションモデルのようにすんなりとは行かない。相手のミスに助けられ1-1としながらも結局自分のリズムを掴めずミスの連続。痛恨の... [Read More]

Tracked on 2006.07.08 at 04:42 PM

« 『仕事を成し遂げる技術』 | Main | 『終末のフール』 »