« ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 | Main | 犬のしっぽを撫でながら »

2006.11.16

松山城

いろいろあって(^_^;)、すっかり過去の出来事となってしまったミニ旅行だけど、せっかくだからメモしておこう。

というわけで、城山門前まつりを見た後、ロープウェイで城山に登り、広場でお昼ごはん。

Onigiri

これは自分で作って持ってきたのじゃなく(笑)、「丁字村」というお店で買ったもの。わざわざお釜で炊いた、五穀米で握ったおにぎり。お米本来の味が生きてる感じでとても美味しかった。

Osiro01

それから、改修工事がほぼ終わって綺麗になった松山城へ行く。かなり急な階段を上って天守閣へ。松山市内が一望できる。

Osiro02

この城を建てたのは加藤嘉明で、NHK大河ドラマ「功名が辻』の第44回「関ヶ原」にもちらっと登場していた。

Kabuto

城内には様々なものも展示してあって、これは小早川隆景が用いたという兜。さすがは水軍を率いていただけのことはあるなあ。

戦国時代のことに思いをはせながら、お城を後にした。

|

« ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 | Main | 犬のしっぽを撫でながら »

Comments

あぁ、こういうおベントいいな〜。
昔のひとの知恵ってホント馬鹿に出来ない。
竹の皮は保存に適してるし、いい香りもするし。
でも、これ人竹?
うちでも使ってます。
こういうのでお菓子包んでおります。

Posted by: ヤヤー | 2006.11.16 at 08:33 PM

オカダさん こんにちは。
このおにぎり、本当においしそうです♪

お城・・・一番最近行ったのは静岡の駿府城です。よく言われることですが、大人になるとああいう場所の展示物やその説明も、おもしろいと思えますね。でも学生時代は全然歴史に興味がわかず、さっぱり勉強しませんでしたので、オカダさんのように戦国時代に思いをはせるのは無理です。。。

Posted by: ciao* | 2006.11.17 at 05:24 PM

ヤヤーさん、こんばんは。
やっぱり本物の竹の皮っていいですよね。オカダも久しぶりに見ました。

ところで、「人竹」ってどんな竹ですか?。ググってみてもわかりませんでしたので。

Posted by: オカダ | 2006.11.17 at 06:08 PM

ciao*さん、こんばんは。
このおにぎり、薪を使ってお釜で炊いてるそうで、冷めても美味しかったです。

オカダも高校時代は世界史も日本史も全然勉強しなかったんですが、年齢とともに興味が出てきました。歴史上の人物も、同じ「人間」だと思うと身近に思えます。ドラマの見過ぎかも(笑)。

Posted by: オカダ | 2006.11.17 at 06:14 PM

あぁ、ごめんなさい、オカダさん。
人造竹皮の略です。
本物に似せて作ってあるんです。
でも、こだわりのおにぎりなんですね♪
薪を使って昔ながらのお釜で炊くと、
遠赤外線の作用でじっくり熱が通るので、甘みが増します。
焼きいもと同じですね。

Posted by: ヤヤー | 2006.11.17 at 08:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/12710321

Listed below are links to weblogs that reference 松山城:

« ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 | Main | 犬のしっぽを撫でながら »