« マッコイ・タイナー ライヴ・アット・ブルーノート東京 | Main | 音楽CD半額セール »

2007.02.19

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド、その4

Mentuu01

ブルーノートを後にしたオカダは、西新宿にある「東京麺通団」へ。ここは、コラムニストの勝谷誠彦さんがプロデュースした讃岐うどんのお店。セルフサービスで、安くて美味しい讃岐うどんが食べられる。オカダは、「ブルーノート東京」よりこういう店で食事する方が落ち着くなあ(笑)。

この日は、じゃこてん、かき揚げをつまみに銀河高原ビールで一杯。なんかご飯モノが食べたくなってしそおにぎりも。店内は若者でいっぱいだった。メインのうどんも少し食べてみたら、確かに麺はコシがあって美味しかった。ダシは、かつおが利いていたけど関東風だけあってちょっと濃い感じだった。

翌日オカダが向かったのは、村上春樹の母校、早稲田大学。休日だったせいか校門が閉まっていて構内に入れなかったので、周辺を歩いてみた。

Waseda02

これは正門から構内を見たところ。小さいけど正面に大隈重信の銅像が見える。残念ながら早稲田大学のシンボル、大隈講堂の時計台は工事中で見ることができなかった。

Tubouti03

中央の遠くに見えるのが、『ノルウェイの森』の主人公ワタナベトオルがよく通って演劇のシナリオを読みふけったという、坪内逍遙記念館。

Bungaku03

こちらは村上春樹が通った文学部キャンパス。春樹さんは68年4月に第一文学部演劇科に入学、75年3月!に卒業している。この間、陽子夫人と学生結婚したり、ジャズ喫茶「ピーター・キャット」を開店したりしている。どんなことを思いながらこのスロープを上り降りしていたのだろう。

Santyou05

こちらは文学部そばの蕎麦屋「三朝庵」。春樹さんも食べただろうか。この店も老舗とあって、なかなか美味しい蕎麦だった。

オカダのやみくろを探す旅もいよいよ終り。やみくろの手がかりは得られなかったものの、天候に恵まれ、東京マラソンの混雑に遭うこともなく、非常に充実した旅だった。

|

« マッコイ・タイナー ライヴ・アット・ブルーノート東京 | Main | 音楽CD半額セール »

Comments

おぉ。母校にまで興味を抱いて訪ねて行かれたとは。そしてそばを食べるときも村上さんに思いをはせて・・・。「春樹をたどる冒険」されたんですね~。

ワタナベくんって早稲田に行ってたんですか(゜o゜) というか、ノルウェイの森って自伝的小説なんですか??

充実したご旅行で良かったですね♪ 私もお土産話ならぬお土産ブログで楽しませていただきました。

Posted by: ciao* | 2007.02.20 at 04:44 PM

ciao*さん、こんばんは。

「春樹をたどる冒険」とは、巧いですね(^_^.)。今回、奇しくもそういうことになりました。

ウィキペディアによれば、<主人公の通っている「東京の私立大学」は村上春樹の母校早稲田大学を、「主人公が入っていた寮」は村上春樹が入寮していた和敬塾をモデルにしているなど、この作品は村上春樹自身の実体験を基にした「自伝的小説」であるといわれるが、本人はこれを否定している。>とのことです。自伝かどうかは、春樹さんのみぞ知る、というところですね。

>充実したご旅行で良かったですね♪ 私もお土産話ならぬお土産ブログで楽しませていただきました。
ありがとうございます。こうしてブログに書くことで、旅をうまく振り返り、思い出を整理することができました。

Posted by: オカダ | 2007.02.20 at 06:24 PM

はじめまして♪ 
オカダさんの村上春樹カテゴリーを拝読してきました。
『世界の終りと…』を元にした東京の旅、なんだかいいなあ~と思いながら写真と記事、楽しませていただきました。
先日、ちょうど読み返したばかりです。全然古さを感じさせませんね。
早稲田大学、そういえば学生時代にこの近くの短大に通っている友人がいて、「早稲田の学食はおいしい」と言われて行ったことがありますが、地味な公立のわたしにとってはすごくおしゃれで素敵な大学だった、とふと思い出しました。
ハンドルは『ねじまき鳥』由来だとふと気がつきました。
やみくろには遭わなかったとのことですが、やみくろという響きとその様子が何か気になるし、本当にいるような気がしてならないものです。

Posted by: kmy | 2007.04.03 at 01:33 PM

kmyさん、お読み頂き、コメントまでありがとうございました。

>全然古さを感じさせませんね。
本当にそう思います。

>早稲田の学食はおいしい」と言われて行ったことがありますが、
そうなんですか。学校が開いてれば行きたかったです。

>ハンドルは『ねじまき鳥』由来だとふと気がつきました。
半分正解です。(^_^.)

やみくろ、確かにいそうな気がしますよね。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by: オカダ | 2007.04.04 at 07:36 PM

Very energetic article, I enjoyed that bit. Will there be a part 2?

Posted by: My Freedom Smokes Coupon Code | 2014.09.16 at 09:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/13974525

Listed below are links to weblogs that reference 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド、その4:

« マッコイ・タイナー ライヴ・アット・ブルーノート東京 | Main | 音楽CD半額セール »