« 『古本暮らし』 | Main | 『ぜんぜん大丈夫―静と理恵子の血みどろ絵日誌』 »

2007.06.19

言葉の力

松山在住のミステリー作家、大野優凛子さんの「言葉の力」と題した講演会があったので行ってきた。とてもいい話だったので、印象に残ったことをメモしておく。

人に気持ちを伝えるには言葉を使わないといけない。より上手に伝えるためには、語彙を増やすことが大切。「寂しい」とか「美しい」といった意味を、それぞれ「寂しい」や「美しい」という言葉そのものを使わずに表現してみることは、語彙を増やすのに役立つ。

言葉にはマイナスの力を持つものがある。「でも」、「だって」、「どうせ」という言葉や、「ウザイ」、「キモイ」という言葉は使わないようにしたい。「ウザイ」や「キモイ」という言葉を使い続けていると、顔の筋肉もそれに慣れてしまって悪い顔になってしまう、と

特に言葉に力があることを示す端的な例は、人の名前。それぞれ名付けた人の思いが名前には込められている。

初対面の人と話すときに、相手のことを何か誉めるようにしているという。それによって相手とうち解けやすくなるという。
#そういえば内田樹先生も、自らを誉める達人だと書かれていた。やはり大切なことなのだなあ。これから早速取り入れてみよう。

もうひとつ、海外旅行に行くときには、必ずその国の「こんにちは」と「ありがとう」の言葉を憶えていくという。そのことが旅行する上でとても役に立つと。

また、瀬戸内海の至るところに、先の戦争で沈んだ船や潜水艦の慰霊碑などが残っている。今後は、そういった「戦争の記憶」を、若者に語り継いでいくような、なおかつ若い人でも興味をもって読めるような小説を書いていきたいということだった。

現役の作家の話を聞くという機会は滅多にないので、貴重な経験だった。といっても大野さんの小説は読んだことがないので、とりあえずこのエッセイ集でも読んでみよう。

|

« 『古本暮らし』 | Main | 『ぜんぜん大丈夫―静と理恵子の血みどろ絵日誌』 »

Comments

オカダさん こんにちは。

大野さんのおっしゃること、もっともだなーと思いますが・・・
私も初対面の人にいきなり失礼なことは言ってないつもりだし、いいなと思ったら伝えるし、外国へ行くときは「こんにちは」「ありがとう」を覚えてばんばん使います。
でもこれが「対親しい人」となると全然できなくなってしまうんですっ。原因は照れか甘えか何だかしりませんが、めったに褒めたりできないし(自分は褒められたがりなのに)、マイナスことば思いっきり使ってしまうし。どうやったら身近な人に優しくできるんでしょうか.....

Posted by: ciao* | 2007.06.20 at 04:44 PM

ciao*さん、こんばんは。

>でもこれが「対親しい人」となると全然できなくなってしまうんですっ
よくわかります。オカダも例えば両親に対しておはようとかありがとうとかなかなか言えません。やっぱり照れくさいですよね。
だから、心の中でそっと呟いてみるだけでも、意識が変わり行動も変わって、優しくできるようになるかもしれません。自分でも試してみようと思います。

Posted by: オカダ | 2007.06.20 at 05:40 PM

言霊っていうのはホントに存在すると思いますね。
マイナス発言をすると、わたしなんて単純だからすぐに悪いほうへと引きずられてしまいます。
そういうときの顔って引きつっていて、お世辞にもキレイとは言えません。

接客するときに、うそっこでも笑顔を作ります。
するとお客さまの気持ちもほぐれるのか、くだらない話も弾んで楽しい気分で帰って頂けるようです。
子どもを叱るときにも、まずたくさん褒めて、ちょこっとだけ注意するようにと教わりましたが、それはなかなか難しい…。
でも、ポジティブな言葉を遣っているときは相手も自分もいい表情なのがわかるので、同じことを話すのにも「できません」「ありません」という否定のことばではなく「ただいまはこちらだけになっております」「○○時頃になります」と言うようにしています。
これたしか全日空のフライトアテンダントのマニュアルじゃなかったかな。
慣れてるお客さまに対してはそれすらしないでだらだらした言葉遣いになっちゃうので、気をつけないと(!)。

Posted by: ヤヤー | 2007.06.20 at 09:43 PM

ヤヤーさん、こんばんは。

>マイナス発言をすると、わたしなんて単純だからすぐに悪いほうへと引きずられてしまいます。

やっぱりありますよね。これから気をつけようと思います。

>接客するときに、うそっこでも笑顔を作ります。

これは大切ですよね。オカダも、腹が立ったときに笑顔を作ると、気分が落ち着きます。だから、つくり笑顔は得意です(笑)。

>同じことを話すのにも「できません」「ありません」という否定のことばではなく「ただいまはこちらだけになっております」「○○時頃になります」と言うようにしています。

なるほど、さすがは接客のプロ!ですね。勉強になりました。

Posted by: オカダ | 2007.06.21 at 05:29 PM

I like the valuable info you supply in your articles. I will bookmark your blog and check once more here frequently. I'm reasonably sure I'll be told many new stuff right here! Good luck for the next!

Posted by: www.youtube.com | 2014.11.14 at 08:44 AM

Hi there, just became aware oof your blog through Google, and found that it is really informative. I am going to watch outt for brussels. I'll be gratful iff you conttinue this inn future. A lot off people will bee benefited from your writing. Cheers!

Posted by: Kancelarijski materijal Beograd | 2015.03.16 at 09:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/15490327

Listed below are links to weblogs that reference 言葉の力:

« 『古本暮らし』 | Main | 『ぜんぜん大丈夫―静と理恵子の血みどろ絵日誌』 »