« 『パフューム』 | Main | 『走ることについて語るときに僕の語ること』 »

2007.11.08

青いエアメール

以前紹介したオーストラリアの青年から、手紙が届いた。メルアドも教えてはいたのだけど。やっぱり手紙の方が心が籠もっているような気がする。自筆だとなおさらだ。辞書を引きながらなんとか読んだ。

Stampcard11082

切手は、いかにもオーストラリアらしいコアラの図案のものが貼ってあった。

さてさて、当然返信を送らないといけない。英作文なんて学校卒業してから全くやってないし。それでも和英辞書を引きながらなんとか書いてみた。こちらは手書きだと訂正がきかないから一太郎で作成。初めてスペルチェック機能を使ってみたのだけど、確かに便利だなあ。

文法とか全然自信なくて、できれば誰かに添削してもらいたかったのだけど、身近にそういう知り合いがいないので断念。

Airmail

そして郵便局へ出しに行った。定型航空郵便で110円と、思ったより安かった。今気がついたけど(^_^;)、窓口の人は封筒に金額を書いたシールを貼っていた。こちらも切手にしてもらえばよかったなあ。残念ながらそのときは思いつかなかった。次からはそうしよう。

オカダにとっては初めて海外へ出した手紙。飛行機に乗って、太平洋を縦断するのかと思うと、ちょっと不思議な感じがする。一週間程度で届くらしいけど、無事届くといいなあ。

|

« 『パフューム』 | Main | 『走ることについて語るときに僕の語ること』 »

Comments

海外の方はやっぱり日本的な絵柄の切手を喜ばれるそうです。
ちゃんと浮世絵っぽいものとか、日本の風景を描いたものとかがあって、別に外国人じゃなくてもきれいだと思います。

あ、でもいまどきの若い人ならアニメの絵柄のもあるので、そっちのほうが嬉しいかも?

とはいえそれも「手紙を書く」ことが前提ですもんね。
オカダさん、がんばりました!
英作文かぁ。文法は中学生程度でいいらしいですが、ボキャブラリー不足を痛感しますね。

Posted by: ヤヤー | 2007.11.09 at 07:55 AM

ヤヤーさん、こんばんは。
なるほど、次は日本的な絵柄の切手を貼って送りたいと思います。

中学生程度も文法も怪しいオカダです。ボキャブラリーもそうだし、構文自体がよくわかりません(笑)。勉強しようかなと思いながら早幾とせ(^_^;)。

Posted by: オカダ | 2007.11.09 at 06:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/17015088

Listed below are links to weblogs that reference 青いエアメール:

« 『パフューム』 | Main | 『走ることについて語るときに僕の語ること』 »