« March 2008 | Main | May 2008 »

2008.04.23

『世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか 』

Tulip04161

桜が終わって、チューリップが満開。春も、やがて初夏へと急いでいるように感じられる。

そんなおり、複数の雑誌や新聞で紹介されているのを見て、岡田芳郎 『世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか 』 講談社 といういささか長い題名の本を読んでみた。

「世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男」の名は、佐藤久一。彼は名門酒造会社を経営する父に請われ、若干20歳にして「グリーン・ハウス」という映画館の支配人となる。そして彼は、持ち前のサービス精神と発想力、実行力で、酒田の人々に映画を最高の状態と雰囲気で観てもらうことに心を砕き続け、ついには淀川長治をして「世界一の映画館」と言わしめるほどになる。

久一がこだわりをもって選び抜いた上映作品の数々、最新の映写音響設備、女性客を意識したきれいなトイレ。こんな映画館が近くにあったらオカダも通い詰めてしまうだろうなあ。

しかし久一は、やがて「グリーン・ハウス」も妻子も捨てて、女性と一緒に駆け落ち同然で上京してしまう。そして日生劇場のレストランで働くことになる。それから父に呼び戻され、今度はフランス料理店を始めることになるのだ。

久一の生き方の、なんと情熱的なことか。寝食を忘れて仕事にのめり込み、また魅力的な女性たちとの出会いがあり、67歳の生涯を全速力で駆け抜けたように見える。オカダの平凡な人生とは対極にある感じだ。そしてこの本の著者も同じように感じ、それ故に久一の人生を追いかけてみることにしたのだという。

もちろん、造り酒屋の御曹司という恵まれた環境にあったからこそなしえた面もあっただろうが、自分のやりたいことをとことんまで追求する精神には、感嘆するほかない。人口10万人の地方都市に、このような人物がいたということにも驚かされた。これも酒田の持つ底力なのだろう。

久一のような人が当地にもいてくれたらなあ、なんてついつい思ってしまった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.04.16

『米原万里の「愛の法則」』

米原万里 『米原万里の「愛の法則」』 集英社新書 を読んだ。この本には米原さんの4つの講演が収められている。

最初の「愛の法則」は、米原さんのお得意のテーマの一つで、男と女の性と愛を古今の小説や生物学の蘊蓄を傾けて面白おかしく語っている。

2番目の「国際化とグローバリゼーションのあいだ」では、アメリカ人のいうグローバリゼーションとは、自分たちの基準を押しつけることであり、日本人の思う国際化とは世界の基準に自分を合わせることだ、と日本の現状に警鐘を鳴らしている。

3の「理解と誤解のあいだ-通訳の限界と可能性」では、言葉とコミュニケーション、そして通訳ということについての非常に深い内容の話になっていて、とても勉強になった。同時通訳する前には専門用語を徹底的に勉強したりといった同時通訳の様子、大変さも興味深かった。

4の「通訳と翻訳の違い」では、どうしたら同時通訳になれるか、語学が出来るようになるか、ということについて語っていて、こちらもかなりためになる内容だった。

そして、前書きを生物学者の池田清彦さんが書いていて、この本は米原さんの追悼集のように感じられた。

コミュニケーションについて、非常に考えさせられた本だった。特に3の最後で、コミュニケーションについて語った言葉には胸をうたれた。

しかし、どう考えてもタイトルは本の全体を表していない。編集者には猛省を促したい、なんて、ただ言ってみたかっただけだけど。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.04.14

個人輸入

このところの円高で輸入品が安く買えそうなので、初めて個人輸入をやってみることにした。アメリカのamaznではブルーレイディスクが安いので、前からもう1度見たいと思っていた『ブレードランナー』を注文することにした。以前ヤヤーさんの配偶者さんが買っていたのが気になっていたというのもあるし。何よりこれにはなんと日本語の字幕スーパーも収録されているのだ。またブルーレイディスクは、DVDと違ってアメリカ発売のものでも日本で見られる仕様になっている。

後、1枚だけじゃもったいないから日本未発売の、雑誌で紹介されていた画質音質とも優れた音楽モノを4枚ほど選ぶ。これなら英語、字幕なしでも大丈夫だし。合計が1万円を超えると関税がかかってしまうそうなので、超えないようにした。

で、巌窟王さんのサイトを参考にしながら注文してみた。思った以上に簡単だった。発送は料金の1番安い国際郵便にした。これだと基本送料の$4.99の他に、1枚あたり$2.99かかる。

そして待つこと13日、ちゃんと届いた。しかし、注文した後に『ブレードランナー』は日本でも発売が決まったというニュースが(^_^;)。でも、アメリカ版は5枚組なのに対し、日本版は2枚組。コストは、アメリカ版が102円で計算すると3258円、日本版はamazonの予約で26%offだと3686円。やっぱりアメリカ版の方がお得そうではある。

アメリカ版のブルーレイディスクで日本語字幕が入っているのは他にはあまりないようだ。字幕なしで英米の映画が見られる人なら、米amazonから買って、日本公開に先駆けて見るなんてこともできるわけだなあ。

Amazonblarun

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.04.09

散りゆく桜

Sakura04091

地元の小学校の桜が満開になった。そして、この小学校最後の入学式が行われた。来年には3つの小学校が1つに統合されて新しい小学校ができ、オカダの母校もとうとう無くなってまう。これも「ご時世」というやつだろうなあ。

Sakura04092

『適疎』という言葉があるそうだ。過疎でも過密でもなく、程々にまばらという状態のこと。今の過疎化の進行を食い止めて、なんとか適疎の状況にもっていきたいと思うけど、現実は非常に厳しい。あまりクヨクヨせずに、ちょっと醒めた目で見るくらいの余裕を持っていた方が、いいアイディアが出るかもしれないなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.04.03

『阪急電車』

有川浩 『阪急電車』 幻冬舎 を読んだ。阪急今津線という、全部で8駅、片道たったの15分という路線の、電車、駅、そして沿線の町を舞台にした小説。駅が8つなので始点の駅から終点の駅まで、そして折り返しの16個の短編からなっていて、登場人物もそれぞれ異なるのだけど、それがチェーンのようにつながっているという、なかなか凝った構造になっている。

物語自体は、日常によくありそうな話なのだけど、どれもがしみじみと心に染みるような話で、主人公たちをぎゅーっと抱きしめたいような気持ちになった。久しぶりにとてもいい小説を読むことができてうれしかった。

作者は女性の心理がよくわかっているなあと感心していたら、作者は 『ひろし』じゃなくて『ひろ』、つまり女性だった。この作者の『図書館』シリーズは、気になってはいるけどまだ読んでないので、近いうちに読んでみたい。

舞台となった阪急今津線に、オカダは1度だけ乗ったことがあるのだけど、遠い昔のことなので残念ながらまったく憶えていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »