« 『寝ても覚めても本の虫』 | Main | 散りゆく桜 »

2008.04.03

『阪急電車』

有川浩 『阪急電車』 幻冬舎 を読んだ。阪急今津線という、全部で8駅、片道たったの15分という路線の、電車、駅、そして沿線の町を舞台にした小説。駅が8つなので始点の駅から終点の駅まで、そして折り返しの16個の短編からなっていて、登場人物もそれぞれ異なるのだけど、それがチェーンのようにつながっているという、なかなか凝った構造になっている。

物語自体は、日常によくありそうな話なのだけど、どれもがしみじみと心に染みるような話で、主人公たちをぎゅーっと抱きしめたいような気持ちになった。久しぶりにとてもいい小説を読むことができてうれしかった。

作者は女性の心理がよくわかっているなあと感心していたら、作者は 『ひろし』じゃなくて『ひろ』、つまり女性だった。この作者の『図書館』シリーズは、気になってはいるけどまだ読んでないので、近いうちに読んでみたい。

舞台となった阪急今津線に、オカダは1度だけ乗ったことがあるのだけど、遠い昔のことなので残念ながらまったく憶えていない。

|

« 『寝ても覚めても本の虫』 | Main | 散りゆく桜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/40751458

Listed below are links to weblogs that reference 『阪急電車』:

« 『寝ても覚めても本の虫』 | Main | 散りゆく桜 »