« 『胸の中にて鳴る音あり』 | Main | 嗚呼、本屋が…… »

2008.05.30

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

昨日も市内へ出張。最近忙しくてストレスが溜まった感じだし、家でもロクロク映画を見てないせいもあって、午後からちょっと時間が空いたので、久しぶりに映画館へ。ダニエル・デイ=ルイス主演の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』 を見た。

Coladog

昼食代わりにコーラとホットドッグ。ちょっとしたレジャー気分。

ストーリーは、20世紀初頭のアメリカ・カリフォルニア。石油の山師のダニエル・プレインビューは、ある情報を得て牧場の土地を試掘し、見事石油を掘り当てる、というもの。

上映時間が165分と、とても長いけど、それほど長く感じなかった。起承転結のはっきりしたわかりやすい映画というのではなく、ダニエルの人生を描いた大河ドラマといった趣。20世紀初頭のアメリカ・カリフォルニアを十分にヴァーチャル体験うることができた。

この映画の「ブラッド」にはいろいろな意味が込められているのだろう。現代社会にとって文字通り「血」となっている石油もそうだろうし、人と人との血の繋がり、そして身体を流れる血など。いろいろと考えさせられた。

音楽は、「レディオヘッド」というバンドのギターのジョニー・グリーウッドが担当していて、ここぞというところで、四方から音楽が迫ってきて、非常に迫力があって効果的だった。

ダニエル・デイ=ルイスの怪演についてはただスゴイというしかない感じだが、牧師のイーライ・サンデー役のポール・ダノの存在感が際立っていた。『リトル・ミス・サンシャイン』にも出てたそうなのだけど印象に残ってなかった。

やっぱりたまに映画館で見るのもいいものだなあ。それにしても、平日の昼間、長く、わかりやすいとは言えない作品とあって、観客はオカダを含めて5人。200人は入れる小屋なのに。まあ、こんなものかなあ。ゆったり見ることができてよかったとはいうものの、ちょっと寂しすぎ。

来年あたりブルーレイディスクが出たら見てみて、うちの映像と音響と比べてみよう。

|

« 『胸の中にて鳴る音あり』 | Main | 嗚呼、本屋が…… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/41372255

Listed below are links to weblogs that reference 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』:

« 『胸の中にて鳴る音あり』 | Main | 嗚呼、本屋が…… »