« 『東京バンドワゴン』 | Main | 『長江哀歌』 »

2008.08.28

『こんな日本でよかったね─構造主義的日本論』

内田樹先生は9月12日までフランスに滞在中だそうで、その間ブログが読めないのはとても寂しい。学生の短期留学の引率とは、何とも御苦労なことだと思うけど、世間のしがらみから開放されて、外から日本を眺めることができるというのも得難い時間だろう。オカダも外国のどこかで1ヶ月くらいのんびり過ごしたいと思うけど、リタイアするまでは無理だろうなあ。

先生のブログが読めないので、かわりに『こんな日本でよかったね─構造主義的日本論』バジリコ を読んだ。この本は、先生がブログに書いたものの中から編集者が編んだもの。いずれもブログで読んだことのあるものばかりだけど、やはり面白いし、とてもためになる。

それにしても世の中にはいろんな人がいるもので、先生のブログにほぼ毎日長文のエントリーがアップされているところから、エントリーはゴーストライターが書いているに違いない、と自分のブログに書いてる人がいた。なかなか面白いことを考えつくものだなあ。

と思っていたら、まえがきに、『ご賢察のとおり、「内田樹」にはきっとゴーストライターがいるに違いありません。』と書いてあって、笑ってしまった。

この本では、「教育、家族、国家」といったトピックについて書かれたものが集められている。北京オリンピックを通じて垣間見た中国の姿と比べると、こんな日本でよかったね、と改めて思った。地球上の5人に1人は中国人なのだから、仲良くつきあっていきたいものだけどなあ。

|

« 『東京バンドワゴン』 | Main | 『長江哀歌』 »

Comments

オカダさん、初めてお邪魔いたします。

以前私のブログにコメいただいた、Pokeと申します。
コメいただいてから読者になっていたのですが
なかなかコメントする機会がありませんでした。

大好きな内田先生のブログ、お休み中で寂しいですね~
私も日々お帰り待ちわびております。
オカダさんの『こんな日本でよかったね』のエントリーを読んで、
私もすぐに読みたくなってしまいました。
きっと、全国の内田ファンが同じように思っていることでしょうねconfident

Posted by: Poke | 2008.09.09 at 12:56 PM

okeさん、ようこそ。
いつもお読みいただきありがとうございます。

内田先生がお留守で本当に寂しいですね。お留守なのに先生のブログ、やはり毎日1万近いアクセスがあるということは、それだけ多くの人がお帰りを待ち侘びているということなんでしょうね。

帰ってこられる12日が待ち遠しいです。きっと長ーい旅行記をアップして下さることでしょう。今回はどんな珍事件が待ち構えていることやら。

Posted by: オカダ | 2008.09.09 at 06:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/42301816

Listed below are links to weblogs that reference 『こんな日本でよかったね─構造主義的日本論』:

» 本の新領域知性 [つき指の読書日記]
こんな日本でよかったね楽天ブックス インターネットのブログから本が出るひとがいる。作家では直木賞の候補にもなった、田口ランディ、学者では『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で小林秀雄賞受賞、フランス思想、身体論の内田樹である。 神戸女学院大学文学部総合...... [Read More]

Tracked on 2008.09.08 at 10:49 AM

« 『東京バンドワゴン』 | Main | 『長江哀歌』 »