« January 2009 | Main | March 2009 »

2009.02.27

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

仕事で市内に出かけたついでに、映画 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 を見てきた。アカデミー賞の作品賞にノミネートされたものの残念ながら受賞はならなかったけど、ネットでもすごく評判がいいようで、pokeさんのおすすめでもあり、原作がスコット・フィッツジェラルドの短編小説ということで、是非とも映画館で見たいと思っていたのだけど、うまく見ることができてよかった。映画を見るためだけに遠出しようという気にはあまりならないのだけど。

主人公のベンジャミンは、老人としてこの世に生まれ、若返っていくという、まさに数奇な人生を送る。年齢を重ねて、年をとりたくない、若返りたいと思う人は多いだろう。オカダもその一人だけど。でも、それが果たして本当に幸せなことなのか、いろいろ考えさせられた。ベンジャミン自身は、自分の人生をどのように感じていたか、幸福な人生だと受け取っていたのだろうか。特に、愛する人と子どものことについて。

アカデミー賞のメイクアップ賞、視覚効果賞を受賞しただけあって、主演のブラッド・ピッドがだんだん若返っていく様子と、ケイト・ブランシェットが年齢を重ねていく様子は、素晴らしいの一言。

また、美術賞を受賞しただけあって、全編にわたって美しい映像が映し出される。光と影、色彩に対するこだわりがすごいと思った。日本映画も見習ってもらいたいなあ。

音の方も、セリフがクリアで聞きやすく、効果音も丁寧に録音されていた。戦争のシーンではかなり迫力のある音が楽しめた。

現実の時間を忘れて映画の中の時間に浸りきってしまっていて、エンドマークが出たときに現実に引き戻された。上映時間が167分とかなり長かいことも、全然気にならなかった。まさしく自分のとは全く別の人生を味わうことができた。現実にはありえない設定の人の一生を、非常にリアリティ溢れる映像で見せてくれて、とてもいい映画だった。

ところで、オカダが見に行った日はちょうど女性サービスデーに当たっていて、女性の観客が多く、座席はギッシリ埋まっていて、久しぶりに窮屈な思いをしながら見た。フライドポテトでも食べながら長時間を乗り切ろうと考えていたのだけど、両脇の人が気になって食べずに終わった。まあ、こういうのも映画館で見ることの味わいの一つだなあ。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

2009.02.20

『ねじまき鳥クロニクル』

ネットの友人、Great_Titさんが トマトソース を作ったとのこと。ブログのコメント欄で、クックパッドというサイトがあることを知り、早速見てみると、「5分で出来ちゃう♪ミートソース」というのが載っていたので、作ってみることにした。

タマネギのみじん切り等に時間がかかり、とても5分では無理だったけど、比較的簡単にできた。近所のスーパーでバルサミコが売ってなかったこともあり、ハチミツも使わずトマトケチャップのみで味付けしたのだけど、オリーブオイルが利いていて、なかなか美味しかった。

Meetspa02201

本当に久しぶりにパスタを茹でた。そしたら、村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』が無性に読みたくなって、早速読み始める。

その中に、「イラストレーターのトニー滝谷」というのが出てきてちょっと驚いた。『ねじまき鳥クロニクル』第1部が出版されたのは94年。短編の『トニー滝谷』が発表されたのは96年だから、全然気にならなかったのも当然だけど。

その翌日、春樹さんがエルサレム賞の授賞式に出席したというニュースがTVで流れた。春樹さんを動画で見るのはカフカ賞受賞のとき以来。あのときと同じグレイのジャケットにダークブルーのワイシャツを着ていて、身振り手振りを交えて流暢な英語で雄弁に語る姿は非常に貫禄があって、大会社の経営者みたいに感じた。

スピーチの内容は、いかにも春樹さんらしいもので、春樹さん流のやり方で世界の有り様にコミットメントしていることを嬉しく思った。

さらに、内田樹先生がそのスピーチについてコメントしているのを読んだ。内田先生ならでは切り口による解釈に唸らされた。

春樹さんの新作がこの夏出るそうだ。すごく待ち遠しいなあ。

| | Comments (9) | TrackBack (1)

2009.02.12

『読書は1冊のノートにまとめなさい』

Ume02122

立春も過ぎ、だいぶ春らしい陽気になってきて、庭の紅梅も満開。と共に、オカダにとっては憂鬱な花粉症の季節がやってきた。鼻がムズムズするので、慌てて病院へ行き、飲み薬と点鼻薬をもらってきた。なんとか春の訪れを楽しめるように、工夫しなきゃなあ。

Yakisoba02121

さて、先週末作ったのは焼きそば。今回も野菜の準備に時間がかかり、サクっと作るというわけにはいかなかった。ソースも少なかったようで、皿に盛って食べてみてからつけ足した。まあ、こんなもんでしょう(^_^;。やっぱりあんまり料理には向いてないかも(笑)。

そして、奥野宣之 『読書は1冊のノートにまとめなさい』 ナナ・コーポレート・コミュニケーション を読んだ。

この本でも、ベストセラーになった前著 『情報は1冊のノートにまとめなさい』 と同じように、本を読んだら、A6サイズの大学ノートに、自分にとって重要な内容を抜き書きし、そこで発生した自分の感想、考えを書いておく、という方法が紹介されている。そして、その書いた内容の項目をテキストデータ化して、索引となるデータベースを作っておくとのこと。

オカダは、読み終わった時点でその本の内容をほとんど憶えていない。もう少し頭に残るようにしたいという気持ちはあって、いろいろやってみたけど、根がものぐさなので、続いた試しがない。読んだ本のタイトルだけは記録するようにしているので、昔から比べると少しは進歩したと言えるだろうけど。

この本に書いてあるように、主に図書館で借りた本をノートに抜き書きしたこともあるけど、手間暇かけて書いた割には後から利用することがないのが実際のところ。まだまだ試行錯誤の日々は続きそうだ。せっせとブログやレビューを書くほどまめでもないしなあ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2009.02.05

メメント・モリ 死を想え

きのう友人のお父さんがお亡くなりになり、お通夜に行ってきた。少し前から入院していて、病状が思わしくなく、もう永くはないかもしれないとのことだったが、こうしていざそのときになってみると、やはり心に重くのしかかってくるものがある。

当の友人は、お葬式の準備で慌ただしい様子で、ろくに言葉を交わす暇もなかった。それなりの高齢とはいえ、やはり自分の親を見送るということになると、失った悲しみは傍からは伺い知ることのできない程のものだろうなあ。

果たして自分が親を見送るときはどんな感情を抱くのだろうか。また、自分が見送られるときはどんな風だろう。死を想うとき、どうしようもない焦燥感を感じるけど、こればっかりはいくら考えてもゴールにたどりつくことはできないし。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »