« 『読書は1冊のノートにまとめなさい』 | Main | 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 »

2009.02.20

『ねじまき鳥クロニクル』

ネットの友人、Great_Titさんが トマトソース を作ったとのこと。ブログのコメント欄で、クックパッドというサイトがあることを知り、早速見てみると、「5分で出来ちゃう♪ミートソース」というのが載っていたので、作ってみることにした。

タマネギのみじん切り等に時間がかかり、とても5分では無理だったけど、比較的簡単にできた。近所のスーパーでバルサミコが売ってなかったこともあり、ハチミツも使わずトマトケチャップのみで味付けしたのだけど、オリーブオイルが利いていて、なかなか美味しかった。

Meetspa02201

本当に久しぶりにパスタを茹でた。そしたら、村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』が無性に読みたくなって、早速読み始める。

その中に、「イラストレーターのトニー滝谷」というのが出てきてちょっと驚いた。『ねじまき鳥クロニクル』第1部が出版されたのは94年。短編の『トニー滝谷』が発表されたのは96年だから、全然気にならなかったのも当然だけど。

その翌日、春樹さんがエルサレム賞の授賞式に出席したというニュースがTVで流れた。春樹さんを動画で見るのはカフカ賞受賞のとき以来。あのときと同じグレイのジャケットにダークブルーのワイシャツを着ていて、身振り手振りを交えて流暢な英語で雄弁に語る姿は非常に貫禄があって、大会社の経営者みたいに感じた。

スピーチの内容は、いかにも春樹さんらしいもので、春樹さん流のやり方で世界の有り様にコミットメントしていることを嬉しく思った。

さらに、内田樹先生がそのスピーチについてコメントしているのを読んだ。内田先生ならでは切り口による解釈に唸らされた。

春樹さんの新作がこの夏出るそうだ。すごく待ち遠しいなあ。

|

« 『読書は1冊のノートにまとめなさい』 | Main | 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 »

Comments

オカダさん

バルサミコ酢とハチミツが入るのが、このレシピの特徴のような気もしますが、それをすっとばすとは♪ でもおいしかったんですね。あはは。

ねじまき鳥クロニクルのなかにトニー滝谷が出てくるとは知りませんでした。

そうそう、村上さんのコメント、ニュースになってましたね。
内田先生のブログ、読みに行ってきます。

今年の夏は楽しみです。ドラクエ新作(恒例の延期)と村上さんの新作!

Posted by: ciao* | 2009.02.21 at 08:03 PM

ciao*さん、こんばんは。
男の料理は、ワイルド&アバウト!がモットーです(笑)。次回はちゃんとバルサミコ酢とハチミツも入れようと思ってますが。

ねじまき鳥、久しぶりに読むので新鮮です。こんな場面あったっけ、というのも多くて。

内田先生のブログはさすがです。

春樹さんの新作に合わせてまたファンサイトができるといいですね。

Posted by: オカダ | 2009.02.23 at 05:32 PM

オカダさん、こんばんは。
お料理続いていますね~継続は力なり、です。私もパスタ好きなので、週に3~4回は作ります。慣れると簡単に一食になるので重宝です。

>本当に久しぶりにパスタを茹でた。そしたら、村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』が無性に読みたくなって、早速読み始める。

そうでしたね、パスタ茹でている時に変な電話がかかってくるのでしたね。
私はこの本、最初は出たばかりを買って読んでいた友人に借りて読みました。2巻、3巻と待ちわびて一気に読んだ覚えがあります。この友人、大の本好きなのですが、私が3巻を借りた時は末期のガンで入院中でした。たぶん彼が最期に読んだ本ではなかったかと思っています。そのせいかとてもとても印象深い作品です。

Posted by: Poke | 2009.02.24 at 05:47 PM

Pokeさん、こんばんは。
料理、なんとか続けてます。「継続は力なり」、おっしゃるとおりですね。「習慣」になるまで続けようと思ってます。

友人が最後に読んだのがねじまき鳥だったとのこと、どんな思いで読んでいたのでしょうね。
オカダは、2巻だけかと思ったらしばらく後に3巻が出たので、ちょっと驚きました。友人は、絶対出ると思ってたそうで、参りました(笑)。

Posted by: オカダ | 2009.02.24 at 06:21 PM

じぶんもそうですが、こうしてずっとブログを覗いているとその人の関心や興味あることが徐々に変わっていくのってけっこう面白いものですね。
いつまでも好奇心を持って何でもやってみることがボケ防止、老化防止へとつながるとも言いますしね。
そこ行くと読書から何かを得ていることってとても多い気がします。

村上さんはああいうコメントをするいい機会に恵まれたと思います。恒久平和を望んでいるのは全てのひとだと思うし。
村上さんの書くものは好きになれなくても、ああいった姿勢はいいと思ってます。

Posted by: ヤヤー | 2009.02.25 at 08:45 AM

ヤヤーさん、こんばんは。

>じぶんもそうですが、こうしてずっとブログを覗いているとその人の関心や興味あることが徐々に変わっていくのってけっこう面白いものですね。
そうですね。人間はやっぱりどんどん変わっていくものですね。数年前だったら、自分がガーデニングや料理に興味を持つようになるとは思いもしなかったですからね。

>いつまでも好奇心を持って何でもやってみることがボケ防止、老化防止へとつながるとも言いますしね。
やっぱり身体も脳も、どんどん使う方がいいですよね。

>そこ行くと読書から何かを得ていることってとても多い気がします。
確かに読書ってコストパフォーマンスが圧倒的に優れてますよね。映画を見るときみたいな設備も全く要らないし。

>村上さんはああいうコメントをするいい機会に恵まれたと思います。
そうですね。英語が堪能なこともあり、全世界にアピールできてよかったと思います。ノーベル賞には影響しないでしょうけど。

>村上さんの書くものは好きになれなくても、ああいった姿勢はいいと思ってます。
「作品を嫌って、作家を嫌わず」、公平な態度ですね(^_^.)。

Posted by: オカダ | 2009.02.25 at 06:08 PM

After looking at a number of the blog articles on your web page, I seriously like your way of blogging. I book marked it to my bookmark website list and will be checking back soon. Please visit my website as well and tell me your opinion.

Posted by: Mac | 2014.03.09 at 09:36 AM

Hello, I enjoy reading through your article. I wanted to write a little comment to support you.

Posted by: nba 2k14 cheats | 2014.03.16 at 03:31 PM

Hurrah! In the end I got a web site from where I can truly get valuable information regarding my study and knowledge.

Posted by: pokemon x et y gratuit | 2014.03.19 at 07:27 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/44121592

Listed below are links to weblogs that reference 『ねじまき鳥クロニクル』:

» 本、内田流中国論 [つき指の読書日記by大月清司]
街場の中国論 本は一人の著者を呼び寄せることがある。 私と同じ団塊の世代でほとんど読んでいるのが、この内田樹である。身体知など学者の臭みのない論考が魅力である。いつも取り上げているが、いまは以前とはちがい、新刊では求めない。正月に3冊、入荷メールが入り...... [Read More]

Tracked on 2009.02.20 at 08:30 PM

« 『読書は1冊のノートにまとめなさい』 | Main | 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 »