« お城が見える風景 | Main | 『ブロデックの報告書』 »

2009.04.10

『猫を抱いて象と泳ぐ』

朝起きたら世界は死んでいた、じゃなくて、オカダの身体はものすごく不調だった。やむなく仕事はお休み。ひどい頭痛、高熱、胸はむかつき、お腹は重かった。頭を押さえてただ寝ていることしかできなかった。

二日目、目覚めたらだいぶましになっていた。大事をとってもう一日お休み。本を読めるくらいには体調が回復したので、小川洋子 『猫を抱いて象と泳ぐ』 文藝春秋 を読んだ。

唇に産毛の生えている少年は、とあるきっかけでチェスを覚え、やがて天才チェスプレイヤー アレクサンドル・アレヒン(アリョーヒン)に因んで「リトル・アリョーヒン」と呼ばれるようになるが、そのプレイスタイルは独特のものだった。

まさに小川ワールドとも呼ぶべき小説だった。日本ではないことは確かだけど、ヨーロッパのどこの国かわからない、無国籍とでも言うべき舞台、そしていつのことだかわからない時代背景。内向的で、自分の世界に閉じこもっている主人公。彼を見守る人物たちも、同様に心優しく儚い。そして、紡がれるエピソードの一つ一つが優しくて哀しい。世界は不運や邪悪な人間に溢れているけれど、その中でひっそりと肩を寄せ合って生きていくことができればそれは幸福なことだろう。

外は春爛漫。太陽は暖かく、花々は咲き誇り、小鳥たちのさえずりもにぎやか。そんな中ベッドで本を読んでいると、世界から取り残されてしまったような気持ちになった。そういう気分で読むのにピッタリの本だった。

この小説ではチェスが重要なモチーフになっている。リトル・アリョーヒンが行う数々のゲームについての描写は、非常にドラマティックかつ寓意に満ちている。それも、スポーツのような情熱的な感じではなく、ダンスのような芸術的なものとして描かれている。

でも、チェスがどんなゲームか知らなくても、この小説を味わうのに全然支障はないと思う。オカダは、子どもの頃にちょっと遊んだことがあるので、大まかなところは知っている。日本の将棋と比べると、王(キング)をとられたら負けなのは同じだけど、相手の駒を取っても自分の駒として使うことができないところが大きく違う。

この小説は、小川さんの現時点での最高到達点と言えるだろう。『ダ・ヴィンチ』4月号でも、巻頭の「今月の絶対はずさない!プラチナ本」として紹介されていた。でも、好きな人と嫌いな人にはっきり分かれそうな作品だと思うけど。

|

« お城が見える風景 | Main | 『ブロデックの報告書』 »

Comments

オカダさん こんばんは。
どうしてそんな体調不良に?? 何か原因があったのでしょうか。
本が読めるほどに回復されたので良かったですが。

チェスは、高校時代彼氏に教わって、一時よく対戦してました。チェスできるって、なんか賢い人のような気がしていい気分だった覚えが。

この本、オカダさんだけじゃなく、一般に評価が高いんですね。でも私の場合、ダヴィンチのプラチナ本、結構はずれるんですよねー。

Posted by: ciao* | 2009.04.10 at 10:31 PM

ciao*さん、こんばんは。
体調不良、このまま回復しなかったらどうしようと不安になりました。風邪の一種だったのかなあと思いますけど、用心して近いうちに検査を受けようかなと思ってます。

>チェスは、高校時代彼氏に教わって、一時よく対戦してました。
へえ、そうでしたか。囲碁や将棋と違ってちょっとオシャレな感じがしますよね。周囲でやってる人をほとんど知らないというのもあるんですが。

この本、ciao*さんの好みからすると、はずれのような気がするんですけど、実際に読んで確かめてみてください(笑)。

Posted by: オカダ | 2009.04.13 at 05:36 PM

オカダさん、こんにちは。

春先は体調崩してしまうことが多いですよね。私はいつも黄砂のせいにしてますが。
少し回復されたとのことですが、お大事になさってください。昼はもう夏みたいですけど、夜はまだまだ冷えますから。用心に越したことはないですよね。

さっそく「猫を抱いて象と泳ぐ」を図書館でポチしときました。オカダさんの日記を読んでは図書館で予約するのですが、順番が回ってくるまでに時間がかかってしまうので、いつも読みましたよーの報告が出来ずにいます。ポトスライムだって何時手元にくるのやらです。
今は内田樹先生の本(古いの)を抱えています。

春は読書をしていてもすぐに眠くなって困ります。

Posted by: 柚木 | 2009.04.14 at 01:01 PM

柚木さん、こんばんは。
春先は、季節の変わり目でもあるし、確かに体調を崩しやすいですよね。オカダの場合は数年前からこれに花粉症まで加わってしまったんですから。黄砂もやっぱり悪い影響があるんでしょうね。

>少し回復されたとのことですが、お大事になさってください。
ありがとうございます。おかげでほぼ復調しました。

>夜はまだまだ冷えますから。用心に越したことはないですよね。
そうですね。この3日間暑いくらいだったのに、今日は雨でまた肌寒い感じです。こういうのがこたえますね。

>順番が回ってくるまでに時間がかかってしまうので、いつも読みましたよーの報告が出来ずにいます。
時間がたってしまうと、当該エントリーを探すのもひと苦労ですもんね。柚木さんのブログででも報告してくれるとうれしいです。

>春は読書をしていてもすぐに眠くなって困ります。
たしかに、読書には不向きな季節ですね(笑)。

Posted by: オカダ | 2009.04.14 at 06:06 PM

オカダさん、こんばんは。
小川洋子さんは、『博士の愛した数式』が心に残っています。好きな作家だな、と思いました。あともう一冊図書館で借りて読んだのですが、題名を忘れてしまいました^^;

>内向的で、自分の世界に閉じこもっている主人公。彼を見守る人物たちも、同様に心優しく儚い。そして、紡がれるエピソードの一つ一つが優しくて哀しい。世界は不運や邪悪な人間に溢れているけれど、その中でひっそりと肩を寄せ合って生きていくことができればそれは幸福なことだろう。

この文章に惹かれました~時間が掛かっても読んでみたいと思います。
お身体、ご自愛くださいね(^.^)/

Posted by: Poke | 2009.04.14 at 06:32 PM

Pokeさん、こんばんは。
『博士の愛した数式』と、趣はかなり異なりますが、底には作者の同じような思いが流れていると思います。Pokeさんだったら気に入るような気がしますので、是非読んでみてください。
もう1冊は、印象に残らなかったということですね(^_^;。

>お身体、ご自愛くださいね(^.^)/
ありがとうございます。気をつけます。と言いながら昨夜も読んでいる本が面白くてついつい夜更かししてしまいました(^_^;。

Posted by: オカダ | 2009.04.15 at 06:39 PM

Thank you, I have just been searching forr info approximately this subject for a while aand yours is the best I've discovvered so far. However, what about tthe bottim line? Arre you certain about the supply?

Posted by: asn.so | 2014.06.23 at 11:25 AM

Howdy would you mind stating which blog platform you're using? I'm looking to start my own blog in the near future but I'm having a difficult time selecting between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and Drupal. The reason I ask is because your design and style seems different then most blogs and I'm looking for something unique. P.S My apologies for being off-topic but I had to ask!

Posted by: foosball table | 2014.10.06 at 12:16 PM

Thanks for sharing your thoughts about foosball table tornado storm ii. Regards

Posted by: table soccer | 2014.11.09 at 10:36 PM

After exploring a number of the blog articles on your site, I really like your technique of blogging. I saved as a favorite it to my bookmark website list and will be checking back in the near future. Please check out my website too and tell me your opinion.

Posted by: Best eye Wrinkle cream | 2015.03.05 at 02:18 AM

This paragraph will help the internet people for building up new web site or even a weblog from start to end.

Posted by: quest bars cheap nz | 2015.03.21 at 07:03 AM

Hey there just wanted to give you a quick heads up. The text in your content seem to be running off the screen in Chrome. I'm not sure if this is a formatting issue or something to do with browser compatibility but I thought I'd post to let you know. The design look great though! Hope you get the issue solved soon. Thanks

Posted by: free music downloads | 2015.04.03 at 05:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/44627863

Listed below are links to weblogs that reference 『猫を抱いて象と泳ぐ』:

» 「猫を抱いて象と泳ぐ」静かで熱い唯一の物語を読む幸せ [soramove]
「猫を抱いて象と泳ぐ」★★★★★満点! 小川洋子著 「タイトルを考える、 猫を抱くことは出来るが 象と泳ぐことはできそうにない、 猫を抱いて泳ぐのも難しそうだ、 しかしこの本を読むと その不思議な光景が目に浮かんでくる」 主人公は幼い頃、 動かないバスで暮らす友達から チェスを教えてもらう、 その後、彼は「盤上の詩人」と謳われた アレクサンドロ・アリョーヒンという ロシアの伝説のチェスプレイヤーにちなんで リトル・アリョーヒンと呼ばれるようになる。... [Read More]

Tracked on 2009.05.06 at 10:32 AM

« お城が見える風景 | Main | 『ブロデックの報告書』 »