« 『オリンピックの身代金』 | Main | 内田樹先生の『1Q84』評 »

2009.06.03

『1Q84 BOOK1&2』

Umihana05313

週末、お天気がいいので久しぶりに海辺へ出かけた。やはり風が強く、肌が冷たかった。そしてしばし村上春樹の待望の新作『1Q84』新潮社を読んだ。

1q8405312

舞台は1984年の東京。この小説は、「天吾」とつく章と「青豆」とつく章が交互に表れる構成になっていて、それは、それぞれの章の主人公の名前だ。物語は、どちらの章もほぼ同時に進行していく。

男の主人公、天吾は、もうすぐ30歳になる予備校の数学の講師で、小説家志望、独り暮らし、ほとんど友人はおらず、10歳年上のガールフレンド(人妻)がいる、という、いかにも村上ワールドの主人公「僕」に相応しいキャラ設定になっている。

一方の女性の主人公、青豆は、スポーツクラブのインストラクターでありながら、いわゆる殺し屋。今までにないキャラにびっくり。

その他、謎の17歳の美少女ふかえり、カルト集団さきがけ、空気さなぎ、リトル・ピープルなどなど、村上ワールドを彩るにふさわしいキャラがてんこ盛り。

そしてストーリー展開も絶妙で、序盤からぐいぐい引っ張られてしまい、次はどうなるのかと、じっくり読むつもりがついついスピードを上げて読んでしまった。

そしてラスト。このエンディング、本がBOOK1、2と名付けられているところからすると、まだ続きがあるような感じだ。いずれBOOK3、4が出るような気がする。『ねじまき鳥クロニクル』の例からすると、1年後くらいかなあ。

まさに村上文学の集大成と呼ぶに相応しい大作。続きが凄く楽しみだ。それまでに2回くらいは読み返して復習しておきたい。

それにしてもこの本、2冊で既に77万部印刷したそうだ。すごい人気で、ちょっと異様な気がする。週末、この本を読みながら、今日本中で同じ本を何万人もの人が読んでるのかもしれないと思うと、ちょっと不思議な気がした。

|

« 『オリンピックの身代金』 | Main | 内田樹先生の『1Q84』評 »

Comments

うーん。77万部といっても全国の図書館で複数冊揃えるだろうし、ちょっとこういう現象は気持ちが悪いと思ってしまうほうなので、その点についてのこれ以上のコメントは控えます(笑)。

海も空も青くて清々しいですね。
好きな本を読んでのんびり過ごすって、心と身体のリフレッシュには絶対に必要ですよねえ。

Posted by: ヤヤー | 2009.06.04 at 12:43 AM

ヤヤーさん、こんばんは。
確かに図書館が購入する数だけでも相当なもんでしょうね。ここまでの大ヒットになるなんて、ちょっと複雑です。

この本、村上春樹作品が嫌いな人にはやっぱりお勧めできません。従来からの村上テイストがたっぷりなので。逆にファンにとってはたまらない魅力があります。読み終わってしばらくは現実の世界に帰ってこれませんでした(笑)。

Posted by: オカダ | 2009.06.04 at 06:09 PM

わーお、もう読まれたんですかー!!
私はまだ飾り中です。
3,4もありそうな感じとは嬉しいですね~。
詳しくない紹介記事でよかったです。
オカダさんだから大丈夫とは思いましたが、
ちょっとヒヤヒヤしながら、ゆっくりスクロールして読みました(笑)

Posted by: ciao* | 2009.06.04 at 06:16 PM

ciao*さん、こんばんは。
内田樹先生と同じくちびちび読むつもりだったのですが、面白くてついつい読み進めてしまいました。内容を想像しながらしばらく飾っておいて、我慢できなくなった頃におもむろに読み始めるというのもいいかもしれません。こんな大きな楽しみがまだ残ってるかと思うと、ciao*さんが羨ましいです(^_^.)。

本の感想はもちろんネタバレなしで書くことにしていますが、その旨明記しておいた方がよかったかもしれませんね。特にこの本の場合、どこまで書いてもいいか迷いました。でもこれだけ話題になってると、嫌でもいろんな情報が飛び込んできますよね。その点では、早く読み終わった方がいいともいえますね。

Posted by: オカダ | 2009.06.05 at 06:03 PM

オカダさん、こんばんは。
わぁ~海ですね^^白砂で美しい!!海辺で読書なんて優雅でいいなぁ・・・。我が家も海に近いのですが、休日はほとんど読書の時間が無いのでうらやましいです。いつか挑戦しよう!

>このエンディング、本がBOOK1、2と名付けられているところからすると、まだ続きがあるような感じだ

確かにまだ9月まででしたね。別の世界が作り上げられて、そしてどうなっていくのか・・・。気になるところですね~
読み終わって感想を書くまで情報を遮断していました。いつの間にか売り切れがニュースで報じられ、100万部突破の続報も。おっしゃる通り異様な感じですね。本が売れない、なんてウソ!!

Posted by: Poke | 2009.06.11 at 12:32 AM

Pokeさん、こんばんは。
海辺で読書、ほんとに気持ちいいですよ。テニスの合間にお試しください。

この本の続き、すごく気になります。出るまでまだ時間があるでしょうから、もう1度くらいは読もうと思ってます。

100万部突破って、ほんとにすごいですね。TVのワイドショーでまで取り上げられてるようだし、内田樹先生の言われるようにまさしく「事件」ですね。一極集中がこんなところにまで来たかという感じです。

Posted by: オカダ | 2009.06.11 at 07:18 PM

Does your blog have a contact page? I'm having problems locating it but, I'd like to shoot you an e-mail. I've got some ideas for your blog you might be interested in hearing. Either way, great blog and I look forward to seeing it grow over time.

Posted by: Clash of clan hack | 2015.01.17 at 11:28 PM

Every weekend i used to go to see this site, for the reason that i want enjoyment, as this this web page conations truly pleasant funny stuff too.

Posted by: Buy Nike Air Max | 2015.03.19 at 01:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/45223578

Listed below are links to weblogs that reference 『1Q84 BOOK1&2』:

» 1Q84 村上春樹 [noncolle]
村上春樹さんの5年ぶりの新作、1Q84が社会現象になっています [Read More]

Tracked on 2009.06.04 at 01:19 PM

« 『オリンピックの身代金』 | Main | 内田樹先生の『1Q84』評 »