« 『横道世之介』 | Main | ドラマ『坂の上の雲』 »

2009.11.19

『ラースと、その彼女』

Obanyaki1119

仕事のついでにスーパーへ寄ったら、大判焼の露店が出てたので、ついつい買ってしまった。焼きたててで、まだほかほかしていて、小豆のあんがくどくなくて程よい甘さだった。大判焼が売られるようになると、いよいよ冬がやってきたなあと実感させられる。

そんなおり、映画『ラースと、その彼女』のDVDを見た。この映画は、作家の高橋源一郎さんが週刊現代のエッセイで紹介していて、興味を惹かれた。それでDVDが出たら是非とも見ようと思っていた。

舞台はアメリカ中西部の小さな田舎町。主人公のラースは、シャイで女の子が大の苦手。周りから「彼女いないの?」と散々プレッシャーをかけられ続けたラースは、兄夫婦に、「彼女を紹介するよ」と言って、等身大のリアルドール、ビアンカを紹介する。仰天した兄夫婦は、ラースをかかりつけの医師に診てもらうのだが……。

なんと言ってもその発想のユニークさ、斬新さには驚かされた。ラースが初めてビアンカを兄夫婦に紹介するシーンの、兄夫婦二人の表情は見物。

医師の勧めに従って、兄夫婦はビアンカを人間として接し、町の人々にも協力を求める。ラースの姿は滑稽であり、笑える場面も沢山ある一方で、正直痛いと感じもしたのだけど、ラースと父や母との関係、兄とのいきさつ等、家族の問題から徐々にラースの深層心理が明らかにされたり、ラースと地域コミュニティの人々との交流が描かれたりと、非常に深い、いろいろと考えさせられる人間ドラマだった。

主演は、「きみに読む物語」のライアン・ゴズリング。兄嫁役のエミリー・モーティマーが、透明感溢れる存在でよかった。見たことある人だなあと思ってたら、『Dearフランキー』に出ていた女優さんだった。

エンディングがどういう風になるのかちょっとハラハラしながら見てたら、ほのぼのと心暖まる結末だったので安心した。

笑えて、泣けて、心にしっとりと語りかけてくるような作品だった。寒い夜にしんみりと見るのにうってつけの映画。いつかハイビジョン映像で見直したいなあ。

|

« 『横道世之介』 | Main | ドラマ『坂の上の雲』 »

Comments

人形を彼女だと紹介する・・・かなりイタイんですけど!!(笑)
笑えて泣けるものが一番好きなので、これすごく見たいです。
歩いていけるレンタル屋の100円割引券あるので行ってみます~。

Posted by: ciao* | 2009.11.20 at 04:39 PM

ciao*さん、こんばんは。
確かに、かなりイタイですけどね(^_^;。
優しくて穏やかな感じの音楽もいいです。
いやらしい場面もないですし。
とってもいい作品なのでおすすめです。

Posted by: オカダ | 2009.11.20 at 05:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/46803681

Listed below are links to weblogs that reference 『ラースと、その彼女』:

« 『横道世之介』 | Main | ドラマ『坂の上の雲』 »