« 『「坂の上の雲」と日本人』 | Main | 『男おひとりさま道』 »

2010.01.27

『アバター』3D 吹替版

Ume0127

朝起きたら、車のフロントガラスが凍っていた。日中は天気がよかったものの、自転車で走ると風が冷たく感じられた。そんな中、庭の梅が咲き始めた。寒さのピークはまだこれからだろうけど、確実に春は近づいているようだ。

そんな折り、今巷で話題の「3D」を体験したくて、映画館で『アバター』を見てきた。赤と青のセロファンのメガネをかけて見る3Dは見たことあるけど、最新の方式のものは初めて。

劇場の入口でXpanDという方式専用のメガネを配られた。電池が内蔵されてるということで、かなり重たかった。オカダはメガネをかけているので、その上にかけたのだけど、違和感ありまくりだった。

で3Dはというと、場面によっては凄い立体感を感じることができた。小さな動物や木の葉が飛び出てくるシーンなどでは、手を伸ばせば触れることができそうなほど飛び出してくる感じで、最新の3Dはやっぱり強烈だった。でも、自然な奥行きというものはあまり感じられなかった。例えて言えば、よくある立体シールみたいな、平面が何層も重なっている感じだった。

だから、何でも映像は3Dがいいというものではなくて、内容によりけりなんだと思う。映画を見た後、家で年末に録画しておいた、wowowの『アバター』の30分ほどの宣伝番組を見たのだけど、解像度や明るさ、色の鮮やかさは格段に劇場より上だった。それは3D版のデメリットだそうだ。

また、普段から目が弱いオカダは、途中で目が痛くなってしまった。噂どおり目に負担があるようだ。映画自体も162分!と非常に長い。通常の2時間くらいにまとめてほしかったなあ。

架空の星パンドラのジャングルは非常に美しかったので、ブルーレイディスクが出たらまたじっくり見てみたい。

家電業界は3Dに力を入れているようだけど、はたして家庭に普及するかどうかは微妙だと思う。いちいちメガネをかけないといけないし。3Dの特性を生かせるようなコンテンツが増えるかどうかも疑問だし。でも、エポックメーキングな技術には違いないので、いつかわが家でも、と思うと楽しみではある。ゲームなんかにはもってこいだろう。

また、3D映画はこれからもどんどん増えるだろうなあ。映画業界にとって『アバター』&ジェームズ・キャメロン監督は、久しぶりの救世主の登場だろう。オカダも、遠路足を運ぶ機会が増えるかもしれない。

|

« 『「坂の上の雲」と日本人』 | Main | 『男おひとりさま道』 »

Comments

オカダさん、こんばんは。
観に行かれたのですね~
新聞やニュースでも取り上げられていて、スゴイ人気ですね~
私も観に行きたいと思っているのですが、
3Dを観るか悩ましい所です。
映像は必見だけど、ストーリーが・・・、
という感想も目にしますが、いかがでしたか?

お庭に梅の木なんていいですね~
どんなに寒い日が続いても、
ちゃんと芽吹く準備をしていることに改めて感動しちゃいます!!

Posted by: Poke | 2010.01.29 at 06:43 PM

Pokeさん、こんばんは。
ストーリーは、『ポカホンタス』や『ダンス・ウィズ・ウルブス』のような感じで、確かにどこかで見たようなお話でした。でもそれなりに面白かったです。
3Dでない映像で見るとしても、キャメロン監督が作り上げた「パンドラ」という星の自然や動物たち、「ナヴィ」という人たちなど、美しい映像だけでも見る価値は十分あると思います。

この梅、毎年春の訪れを教えてくれるのがありがたいです。ほんと、自然の営みの緻密さには感心させられますね。

Posted by: オカダ | 2010.02.02 at 06:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/47404548

Listed below are links to weblogs that reference 『アバター』3D 吹替版:

« 『「坂の上の雲」と日本人』 | Main | 『男おひとりさま道』 »