« 伊丹十三記念館 | Main | 『ガラスの巨塔』 »

2010.05.14

今年のゴールデンウィーク

今週も目一杯働いた。先週のゴールデンウィークはもう遥か昔のような気さえするけど、せっかくだから記録しておこう。

今年はひたすら家でのんびり、と考えていたのだけど、さすがに3日目になると飽きてきたので、出かけることにした。どこかの温泉に浸かってのんびりしようと思って、道後にあるホテルのお風呂へ。

Onsen05031

GWだから、道後温泉の本館界隈は観光客でごった返しているだろうけど、こちらは午前中ということもあって他のお客は少なく静かだった。ゆっくり露天風呂に浸かり、庭の新緑を眺め、小鳥のさえずりを聴きながら、しばし浮世を忘れた。

Onsen05032

お湯から出て、休憩コーナーで身体の火照りを冷ました。

Onsen05034

その後ホテルでちょっと贅沢な昼食。隣には能舞台が設えてあって、内田先生が舞う姿などを思い浮かべてみた。夜、かがり火の中で演じられる能は風情があるだろうなあ。いつか見てみたいものだ。

それからちょっと足を伸ばして、前から行きたかった大きな本屋さんとかに寄ったりして帰宅。この日は初夏どころか、夏が来たような陽気で、いっぱい汗をかいてしまって、温泉気分はすっかり飛んでしまった。それでもまあ、十分プチ旅行気分を味わうことができた。

旅のお供に持っていったのが、この柘植光彦著 『村上春樹の秘密』 アスキー新書。新書らしく読みやすい文章で書かれているけど、村上春樹という作家について、今まで知らなかった事実や情報が結構載っていて、かなり興味深い内容だった。

一つだけ残念なのは、それらの情報のソース、出典が明記されていなかったこと。そこが新書という形式の限界なのかもしれないけど。

とはいえ、ハルキファンには激しくオススメの一冊。

|

« 伊丹十三記念館 | Main | 『ガラスの巨塔』 »

Comments

オカダさん、こんばんは。
道後温泉、いいですね~
地元の方々は、混雑を上手に避けて楽しむのが上手いですね。ホテルの中なのですか?能舞台もあるなんて風情があってステキなところですね~
次回の旅におあずけにした松山、いつか行きたいと思っています。

>とはいえ、ハルキファンには激しくオススメの一冊。

そうですか~それでは見過ごすわけにはいきませんね~
早速検索!!


Posted by: Poke | 2010.05.18 at 09:19 PM

Pokeさん、こんばんは。
そうなんです、この能舞台、ホテルの建物の一角にあるんです。夜は灯りがともってもっと風情があるんです。
今度是非いらしてください。

この本、本当にためになります。

Posted by: オカダ | 2010.05.19 at 06:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/48357411

Listed below are links to weblogs that reference 今年のゴールデンウィーク:

« 伊丹十三記念館 | Main | 『ガラスの巨塔』 »