« 真夏の夜のジャズ | Main | 『小説家という職業』 »

2010.09.17

『秋の気配』

週末、図書館で9月11日の朝日新聞土曜版「be」を読んでいたら、「うたの旅人」で『秋の気配』が取り上げられていた。

この歌は、女性を「ふる男」の気持ちを歌ったもので、非常に珍しいそうだ。それまで全然気にしたこともなかったけど、確かに、女性に「ふられる男」の歌は多いけど、「ふる男」はあまりないような気がする。

記事を途中まで読んでいて、この歌の主人公の男性は、村上春樹の初期の作品に出てきそうだなと考えていたら、その後しっかり記事にも出てきた。

webはこちら。
http://www.asahi.com/shopping/tabibito/TKY201009090261.html

BS朝日の番組『うたの旅人』で取り上げてくれるといいなあ。

早速その日の夜、「オフコース グレイテストヒッツ 1969―1989」のCDに収録されている『秋の気配』を久しぶりに聴いてみた。

この歌の魅力は、メロディーラインと優れたアレンジだと思う、初め、アコースティックギターのイントロから入り、ストリングスも被さっていて、意外にもサビの部分は非常に盛り上がるアレンジになっている。何と言っても一番の魅力は、「僕が、あなたから離れていく」と歌い上げる小田さんの声だろうけど。

その後、1枚目と3枚目のCDから何曲か聴いてみた。1枚目に収められた初期の曲は、とても素朴でコットンのような手触りを感じた。3枚目の後期のCDでは、『たそがれ』がとても哀愁を帯びた曲でよかった。

そういえば、オカダも人生でたった一人だけ女性をふったことがある。彼女は今頃どうしているのだろうなあ。

Akiaji0917_2

今年は、限定販売でなかなか手に入らなかったキリンのビール「秋味」を久しぶりに手に入れることができたので、「秋の気配」を感じながらのどを潤した。

|

« 真夏の夜のジャズ | Main | 『小説家という職業』 »

Comments

わたしも読みましたよ。
というか、そんな分析したことなかったなぁ。
大都会ではそういう恋愛もありなのね、みたいな感覚でしか聴いてなかったかも。
ひどいオトコとか、まったく思ってなかった。
元祖草食系みたいな小田さんがあんまり表情も変えずに歌うから、概してオフコース全体を無機質なものととらえていましたね。
鈴木さんはただスケベだしねぇ(笑)。

夫がオフコース大好き人間なので何でも揃っていますが、取り立てて聴くこともなくなってしまった人生の秋です。
いやまあわたしには遅れて来たスティングブームが(爆

Posted by: ヤヤー | 2010.09.19 at 10:46 PM

ヤヤーさん、こんばんは。

>大都会ではそういう恋愛もありなのね、みたいな感覚でしか聴いてなかったかも。
TVドラマの中の恋愛と同じような感じですよね。あまり現実の話ではなくて、自分に置き換えて考えてみることもなかったです。

>元祖草食系みたいな小田さんが
うまいこと言いますね。確かにそんな感じでした。

一方の鈴木さん、そんな歌もいっぱいありましたね(^_^.)。

だんだん愛とか恋とかの歌は聴かなくなってきました。オフコースもその範疇の歌だし。この記事はなかなか時季的にピッタリでしたが。

スティングはシブくていいですね、歌もルックスも。

Posted by: オカダ | 2010.09.20 at 05:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/49477623

Listed below are links to weblogs that reference 『秋の気配』:

« 真夏の夜のジャズ | Main | 『小説家という職業』 »