« 『小説家という職業』 | Main | 『街場のメディア論』 »

2010.10.08

『バイオハザードIV アフターライフ』

今日は雨。一雨ごとに涼しくなっていく感じだ。またすぐ寒くなるのだろう。冷房も暖房も要らない時期ってどんどん短くなっているような気がする。冬が来る前に何かやっておきたいことも特に思い浮かばない。

春樹さんは今年も受賞ならず。去年までは、別に獲らなくてもいいんじゃないかと思ってたけど、今年はちょっと残念な気がした。

今週、久しぶりに市内へ出かける用事があり、ついでに映画を見てきた。本当は『借りぐらしのアリエッティ』を見たかったのだけど、残念ながら夜しか上映してないということで、3D版の『バイオハザードIV アフターライフ』を見ることにする。劇場は、ちょうどレディースデイということもあって大勢の女性客が並んでいた。

『バイオハザード』シリーズは、ホラーものが嫌いなオカダとしてはあまり好きではない。といいながら前3作ともブルーレイディスクで見ているのだけど。にもかかわらずこの映画を見たのは、『アバター』に続いて3D映画を見たかったから。

内容は、評判どおり面白くなかった。何というか、主人公が強すぎて全然ハラハラドキドキしなかった。でも続編がありそうなエンディングだったなあ。

3D映像に関しては、やはりモノが飛び出してくる感じはすごい。斧が飛んでくるシーンなど、思わず目を瞑ってしまったほど。なんて書くと、反射神経が鈍いことがばれてしまうなあ。

一方、奥行き感はやはり不自然で、平面が何枚も重なっているという印象は変わらなかった。やっぱり遊園地のアトラクションくらいでちょうどいいのかも。

画面が暗くなるという点と、色合いが薄くなる点は、この映画に関しては問題なかったけど。

また、やっぱり途中で目が疲れた。残念ながらオカダには合わないみたいだ。

ということで、我が家への3Dの導入は当面見送ることに決定。3DTVはあまり売れてないそうだ。やはり問題はコンテンツ、3Dで見たいと思うようなソフトがいかに充実するかにかかってるんだろうなあ。

|

« 『小説家という職業』 | Main | 『街場のメディア論』 »

Comments

オカダさん、こんばんは。
ほんとに一雨ごとに季節が移り変わる感じがしますね~
あんなに暑かったのが、夢の出来事のようです。

>今年はちょっと残念な気がした。

それはまたどうしてですか??
私は毎年内田先生の「受賞予定稿」を読むのが楽しみです。
春樹さんはきっと、受賞騒ぎに辟易しそうですね~

3D映像はまだ私には馴染まない感じです。
テレビ界も盛んに3Dを叫んでいるようですが・・・。
そんなこと言ってると、時代に取り残されちゃうかな。。


Posted by: Poke | 2010.10.08 at 07:00 PM

Pokeさん、こんばんは。
ほんと、猛暑のことも遠い昔のことのようです。
と言いながら、ここのとこ夏日が続いて、日中はまだまだ暑いです。

春樹さんが受賞したら騒動もそれで終わるでしょうけど、受賞しないと騒ぎが毎年続きそうで。でも、確かに「受賞予定稿」を毎年読めるのも楽しみではありますね。
今の春樹さんなら、受賞スピーチも堂々とこなしそうですね。でも、まだまだしばらくは受賞できないような予感がします。

Pokeさんは3Dの『海猿』ご覧になったんですよね。業界は必死でアピールしてますけど、AVマニアの中にも懐疑的な人は多いです。過去のように徒花で終わる可能性もあるかもしれませんね。慌てて飛びつく必要はないですね。

Posted by: オカダ | 2010.10.12 at 06:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/49683965

Listed below are links to weblogs that reference 『バイオハザードIV アフターライフ』:

« 『小説家という職業』 | Main | 『街場のメディア論』 »