« 寛容 | Main | 伊丹十三賞 »

2011.04.08

終わりなき日常

気がつけばもう四月。体調が不良だったり、AV機器や車の不調等いろいろあって、ブログの更新もしばらくする気になれなかった。

TVや新聞で震災や原発のニュースを目にすると、ほとんど影響のないオカダとしても、どうにも落ち着かない。一日も早い復興・復旧を祈るばかりだ。

Sakura04081

そんな中、一向に咲く気配のなかった桜も、このところ暖かい日が続いたこともあって一気に咲き始めた。

桜にまつわる歌で真っ先に思い浮かべるのは、福山雅治の『桜坂』。せつない歌詞と哀愁を帯びたメロディを、この歌が流れていたTV番組の1シーンとともに思い出す。震災に遭われた人たちは、どんな思いで今年の桜を眺めるのだろう。

数少ない影響と言えば、地元のどこの店でもペットボトルの水の購入が一人1本までと制限されて、まとめ買いができなくなってしまった。おかげで毎日買いに行っている。ヨーグルトやパンなども、容器の製造ができないことが原因で非常に品薄になっているそうだ。

あと、ビールの製造への影響も懸念されているようで、夏に思う存分飲めなくなったら辛いだろうなあ。

ともあれ、こうやって終わりなき日常を生きていくしかないのだろうなあ。

|

« 寛容 | Main | 伊丹十三賞 »

Comments

オカダさんのところも見事に咲いていますね~
東京はちょうどこの週末、満開でした。
桜が散ると春から初夏に一気に向かっていくのが最近の傾向だと思うのですが、水やビールなどの品不足に加え、節電対策など、どんな夏を迎えなくてはいけなくなるのか・・・

慣れれば日常になっていくんでしょうけど。

Posted by: hoddy | 2011.04.10 at 08:27 PM

hoddyさん、こんばんは。
東京の桜、hoddyさんのブログで堪能させてもらってます。こちらも、この週末がピークでした。

ほんと、最近はちょうどいい時期が短いですよね。今年は特に、急に暑くなったりしないといいですね。夏までにはいろいろな問題が解決してるといいですね。

一方で、確かに今までの生活を見直して、新しい「当たり前」に慣れるべき時期かもしれませんね。

Posted by: オカダ | 2011.04.12 at 06:46 PM

The Tao of Badass e-book is grounded in assisting men learn very true and simple principles on what attracts ladies. He's on the Pound for Pound throne that you never won universal acclaim for. Now that I've watched the Youtube video of it, I'm pretty sure I would have to block those images out to i - Come again, but it was this song knocked it out of the park.

Posted by: jogo do texto funciona | 2015.10.24 at 10:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/51334924

Listed below are links to weblogs that reference 終わりなき日常:

« 寛容 | Main | 伊丹十三賞 »