« 『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』 | Main | 古本屋デビュー »

2011.06.24

『借りぐらしのアリエッティ』

Asagao062201 

今週、梅雨の晴れ間で非常に蒸し暑い日が続いた。アメリカアサガオの花も咲き始めて、もう夏本番がきたような感じだ。

Ariety062202

先日、美術館に『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』を見に出かけた。種田陽平さんは、映画美術監督で、『借りぐらしのアリエッティ』にも関わった人。その種田さんが、映画の世界を巨大なセットで再現したものや、今までに関わった作品の資料等が展示してあった。

残念ながらその時点で映画の方は見てなくて、どうせなら見てからこの展覧会を見に行きたかったのだけど、開催期間が終わりに近づいてきて、DVDの発売に間に合わないので、仕方なく出かけた。

スタートは、大きな草花が茂っている庭。草もバッタも巨大で、小人になった気分を味わうことができた。そして床下の通風孔を通ってアリエッティの家へ。中には、アリエッティの部屋や食堂などが再現されていた。ここらへんは、映画を見ていたらもっと違った感想を抱いたのだろうけど。

そして、種田さんが作ったミニチュアのセットやイメージボードなどを見、他の作品『キル・ビル Vol.1』や『フラガール』、『悪人』などの資料を見て、映画作りにおいて美術監督の役割がいかに大きいかがわかって勉強になった。

Arietty062201

上の画像は、美術館のロビーに設けられた記念写真撮影スポット。人が写ってないと大きさがわからないけど、パネルの前に巨大な糸巻や豆が置いてあった。

そして週末、ようやく発売された『借りぐらしのアリエッティ』のブルーレイディスクを見た。小人であるアリエッティの目線で語られていて、まさしく映画でしか味わうことのできない、自分が小人になったかのような体験をすることができて、楽しかった。「借り」のスリル、少年翔との交流など、大作ではないにしろ、評判よりもいい作品だと感じた。

やはり絵が素晴らしく、宮崎アニメならではの美しい映像を堪能することができた。

また、音響も素晴らしく、やはりアリエッティが感じるように様々な音、例えば時計の音などが大きく聞こえるような作りになっていて、効果的だった。

ケルト音楽の歌手セシル・コルベルの歌う主題歌もエキゾチックでなかなかよかった。

そういえば、内田樹先生も感想を書いてたのを思い出し、もう一度読んだ。なるほど。

見終わって、もう一度『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』を見たくなった(^_^;。次は7月23日から兵庫県立美術館で開催されるそうだ。

|

« 『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』 | Main | 古本屋デビュー »

Comments

もうアサガオの咲く季節ですか〜。
こちらは梅雨らしい梅雨となり、バラを始め、花たちがメチャメチャです(涙

種田陽平展、巡回展だったんですね。
いいなあ。うちのほうにも来てくれると良かったのに。
来年、いえ再来年でもいいから、地元の美術館の企画に入れてほしいものです。
TVで紹介されたときに観たきりですが、実物に触れたほうが感動しますよね。
『アリエッティ』そのものは、この夏休みにでもTVに出て来るんじゃないかと。
原作を持っていますが、もちろん積ん読状態で本棚を飾っています。

Posted by: ヤヤー | 2011.06.26 at 11:32 PM

ヤヤーさん、こんばんは。
こちらはもう梅雨明け?で、いきなり猛暑日が続いています。猛暑がいったいいつまで続くのやら。そんな中、アサガオが涼しげに咲いてます。
そちらは本格的な梅雨のシーズンのようですね。大雨&長雨は花の大敵ですよね。近頃の気候は、ほどほどってことがないですね。

種田陽平展、人気があるようなので、そちらにも行くといいですね。一見の価値あり!です。やっぱり実物とTVとでは全然違いますいよね。

映画の方は、日テレ系列でやるかもしれませんね。そういえば、原作があったんですよね。試しに読んでみようかと思っています。

Posted by: オカダ | 2011.06.29 at 06:54 PM

お元気ですか。久しぶりにブログ覗いてみたら『アリエッティ』の感想があったので、僕の感想もお伝えしておきます。下記、「おち」のところにURLアップしておきますが、僕はあの映画はゴミだと思いました。読まれて不快に感じられたら申し訳ないです。

というところは関係なく、またお会いしたいですね。今年の夏はお盆明けに帰省するかもしれません。

Posted by: おち | 2011.07.10 at 11:57 AM

おちくん、おひさしぶりです。こちらは早くも夏バテしそうですが、なんとかやっています(^_^;。

『アリエッティ』の感想読みました。なかなか厳しい評価ですね。アニメのセル画の動きのことはよく知らないのですが、あとは概ね、そういうとらえ方もできるだろうなあと思いました。
確かに売り方はいつもながらあざとかったですね。
これに懲りて『コクリコ坂から』は見に行くのをよしますか?

また帰省されるおりは是非御連絡下さい。
これから夏本番ですので、お二人とも御自愛下さい。

Posted by: オカダ | 2011.07.11 at 06:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/52031294

Listed below are links to weblogs that reference 『借りぐらしのアリエッティ』:

« 『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』 | Main | 古本屋デビュー »