« 『おたがいさま』 | Main | 『奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち』 »

2012.01.27

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

Sakurasou0127

寒い日が続いている。昨夜、12時頃の寝室の気温は6度くらいだったが、痛いくらいに寒く感じた。来週あたりが寒さのピークかな。そんな中でもサクラソウの蕾がふくらみかけていて、春の息吹を感じる。

そんなおり、小澤征爾・村上春樹 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』 新潮社を読んだ。タイトルどおり、村上春樹が小澤さんと、何回かに分けて音楽について話した内容が収められている。

読んで強く感じたのは、春樹さんが無茶苦茶深く音楽を聴いていて、なおかつ細かいこと、例えばあのときとこのときの演奏ではここが違うとか、そういうことまでよく憶えていること。外部記憶装置としていくらパーソナルコンピュータが普及したといっても、アクセススピードにおいて脳に記憶していることに勝るものはない。

そして多くの稀少なレコードを蒐集している。音楽好きというよりはコレクターだな、やっぱり。

オカダはクラシック音楽に疎いので、ブラ-ムスの交響曲何番と言われても全然ピンと来ないのが残念ではあるけど、それでも小澤さんの指揮者人生の話など、とても興味深く読むことができた。

そして、無性にクラシックが聴きたくなり、引っ張り出して聴いたのがこれの5枚目。これからも、たまには聴いてみようかな。

>

クラシックファンのみならず、春樹さんが好きだけどクラシックは聴かない人にもお薦めの1冊。

|

« 『おたがいさま』 | Main | 『奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち』 »

Comments

オカダさん、こんばんは。

6度とは低いですね~
この所の冷え込みは厳しくて、インフルエンザも心配です。
でも、そんな寒さの中にも春の息吹が感じられてちょっとほっとしますね。

内田先生の『呪いの時代』と一緒に買った読みたくてたまらない本は、
実はこの『小澤征爾さんと、音楽について話をする』でした。
今日また図書館の予約の本の順番の連絡が4冊も来たので、
またまた先延ばしです^^;
にわかクラッシックファンですが、ホントにホントに楽しみです。
でも、読めるのはいつのことやら・・・。。

Posted by: Poke | 2012.01.28 at 10:06 PM

Pokeさん、こんばんは。

今年はこちらも結構寒いです。インフルエンザ、全国的に流行っているようですね。まだまだ寒さが続くようですから、お互い気をつけましょうね。

そうでしたか。この本、予想以上に本当に面白かったです。まあ、楽しみは後にとっておくと、さらにふくらむと言いますから(^_^.)。

Posted by: オカダ | 2012.01.31 at 06:41 PM

Hello, I would like to subscribe for this webpage to obtain most recent updates, therefore where can i do it please help.

Posted by: BUY GoPro HERO4 SILVER AT AMAZON HERE | 2014.11.23 at 07:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84752/53837437

Listed below are links to weblogs that reference 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』:

» 『小澤征爾さんと、音楽について話をする 』小澤征爾×村上春樹 [趣味は読書。]
村上春樹さんの奥様と、小澤征爾さんの娘・征良さんとの親交から、 両氏の付き合いが始まり、この本が生まれる事となったそうです。 大の音楽好きの村上春樹さんにとって、とても興味深く 楽しい仕事だった事は容易に想像できますね。 本の帯には、    小説家はマエ...... [Read More]

Tracked on 2012.03.21 at 05:57 PM

« 『おたがいさま』 | Main | 『奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち』 »