« February 2013 | Main | April 2013 »

2013.03.29

『挨拶はたいへんだ 』

Sakura0329

何かと気ぜわしい毎日を送っていたら、もう3月も終わり。いつの間にか桜もかなり咲き始めていた。

先日、150人くらいの前でスピーチをしなければならないことになった。元々上がり症で人前で話すのが苦手だし、今まで経験したこともなければ、誰かが話すのを聞いたこともない種類のスピーチだったので、その原稿づくりからして非常にプレッシャーを感じた。

まずは以前やった人の原稿を見せてもらい、どういう内容を話したのか把握した。それから原稿を書いていったのだけど、ついつい定型的な、誰が話してもいいような内容のものになってしまい、やり直し。また、ついつい漢語調の堅苦しい文体になってしまうので苦心した。

あれもこれも言いたいし、聞く人に感動してもらえるような内容にしたいし、笑える部分もほしい、なんて考えたら全然まとまらないので、だいたいのところで済ませることにした。

原稿ができて、実際に声を出して読んでみると、しっくり来ないところがあるので修正。原稿を見ずに話せたらいいのだろうけど、時間もないし、詰まるリスクもそれだけ高くなるので、終始原稿を読むことにした。

そして本番当日。すっかり会場の雰囲気に飲まれてしまい、かなり緊張して、声がうわずってしまって、あまりうまく話せなかった。我ながら情けなかった。

こういう機会自体がないこともあるし、年々プレッシャーに弱くなってる気がする。それでも、聞いていたある人が、いい話だったと言ってくれたのは、非常にうれしかった。まあ、ちょっとほろ苦くていい思い出になった。

この 丸谷才一 『挨拶はたいへんだ 』 朝日新聞社 を図書館で見つけて読んでみた。あまり直接的には参考にはならなかったけど、最初の挨拶が、村上春樹の谷崎潤一郎賞授賞式での審査員としてのものだったりと、なかなか興味深い内容だった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »