« April 2013 | Main | June 2013 »

2013.05.24

『冷血』

Nadeshiko0524

今週は、一気に夏の陽気になった。それでも空気が乾燥していて、新緑はまだ目に優しく、非常に過ごしやすい季節だ。とはいえ、梅雨ももうすぐ。こうして知らず知らずのうちの季節は進んでいくのだなあ。庭のナデシコの花が満開になった。

そんなおり、高村薫『冷血』(上・下)毎日新聞社 を読んだ。以前、高村薫に嵌って読み耽っていた時期がある。『レディ・ジョーカー』が出版された頃だったから、もうかなり前のことだ。多分にネットの影響が大きかったのだけど。

そして時は流れて、たまたま目に止まった『冷血』上巻を読んでみた。物語は、二人の男が伝言サイトを通じて出会うところから始まる。その間に、一人の女子中学生が語る物語が挿入される形でストーリーが進行していく。そして上巻の後半から合田雄一郎が登場してきて、下巻を通して合田の視点で物語りが語られていく。

高村薫独特の、粘り着くような文体は健在だった。前半は非常に読み応えがり、次なる展開への期待もあって、どんどん読み進めていって止まらなくなる程だったけど、後半はテンポも悪くなり、読了するのが正直しんどかった。

それでも、読み終わってそれ相応の手応え、充実感は感じることができた。彫りの深い人物像をこれだけ稠密に描くことができるのは高村薫ならではだろう。

お手軽なミステリーに物足りない人にお薦めしたい本ではあるけど、ボリューム、内容両方のヘビーさ故に、読むにはそれなりの覚悟が必要だと思う。

その後、物語に登場する映画『パリ、テキサス』を見たみた。確かにナスターシャ・キンスキーは綺麗だった。

|

2013.05.10

ゴールデンウィーク '13

ゴールデンウィーク、家に籠もってばっかりも芸がないので、1日だけ外出した。行き先は、観光旅行者の気分が味わえる道後温泉。

Isaniwa05101

まずは、映画『がんばっていきまっしょい』にも登場した伊佐爾波(いさにわ)神社へ。135段ある石段を登ったのだけど、かなり大変だった。走って上り下りしたら、足腰のいいトレーニングになりそうだ。

Isaniwa05102

社殿は、朱塗りが鮮やかな、なかなか立派な神社だった。

Yujinja05103

続いて、道後温泉を開いた神様が祀られている湯神社へ。こちらは、落ち着いた感じの社殿だった。

Dogoonsen05102

すぐ横に市営駐車場があり、そこから道後温泉本館を見下ろすことができた。

Ishigama05104 
Pizza05105

その後、新しくできたイタリアンレストラン「イル・ポジターノ」で昼食。本格的な石窯で焼いたピザは、普通の宅配ピザと違ってよく焼けており、歯応えがあった。

Dogoonsen05106

それから、道後温泉の商店街を散策。道後温泉本館前は、大勢の観光客で賑わっていた。その日は暑くて、温泉に入る気分にはならなかったので、前を素通り。

ちょっとした小旅行気分を味わうことができ、いい気分転換になった。

| | Comments (165) | TrackBack (0)

2013.05.02

映画『舟を編む』

Suzuran05021

もう5月だというのに、昨日は肌寒くて朝晩エアコンを入れた。今年はいつまでも寒い。ゴールデンウィーク明けに、一気に暑くなったりするのだろうか。そんな中でも、庭のスズランが咲いて、やはり季節が進んでいることを教えてくれる。

先週、市内に出かけたついでに、映画『舟を編む』を見てきた。原作は去年読んでおり、わざわざ劇場で見るほどの映画ではないだろうと思っていたのだけど、時間があったので、消去法でこの映画を選んでみた。

映画のストーリーは、概ね原作のとおりで、辞書作りの説明に当たる部分が、ややかったるく感じたものの、原作のイメージをほぼ忠実に映像化していた。

主人公の馬締役は松田龍平。香具矢役は宮崎あおい、西岡役はオダギリジョー。松田龍平は原作のイメージにピッタリでよかった。香具矢の役は、もう少し色気のある女優さんがよかったかも、というのは贅沢だろうなあ。宮崎あおいの存在感はやっぱりすごかった。

そして、ネタバレになるから書かないけど、2度涙腺が緩む場面があった。特に後の方は、もし家で一人で見ていたら、滂沱の涙を流していたかもしれない。原作を読んでいたから、より物語に入り込んで、つい感情移入してしまったのだろう。

ということで、思いがけず、今年見た映画の中ではナンバーワン、というのも気が早過ぎる話だけど、ブルーレイが発売されたら、定価7千円でも買うつもり。オカダにとっては、それくらいいい映画だった。その前に、原作をもう一度読もうと思っている。

Funepanph05022

パンフレットは900円と高額だったけど、結構分厚くて、シナリオも収録されていたりと、非常に充実した内容だった。(まだ全部は読んでいないのだけれど。)

監督の石井裕也は、『川の底からこんにちは』の監督をした人で、今年30歳の若手。こんな素晴らしい映画を作ってくれたスタッフのみなさんに感謝したい。

原作が気に入った人はもちろん、原作を読んでなくても本好きの人にもオススメしたい映画。

明日からはゴールデンウィーク後半。お休みの人も、そうでない人も、よい連休をお過ごし下さい。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »