« 『冷血』 | Main | 映画『華麗なるギャツビー』 »

2013.06.14

『世界から猫が消えたなら』

Ajisai0614

もう6月も半ば。梅雨に入って2週間以上経つというのに、こちらではほとんど雨が降らない。その代わりに真夏日が続いて、早くも夏バテしそうだ(笑)。庭に咲いた紫陽花の花も、心なしかひと雨待っているように感じられる。

そんなおり、タイトルに惹かれて川村元気 『世界から猫が消えたなら』 マガジンハウス を読んだ。著者は、映画プロデューサーで、『電車男』、『告白』、『悪人』を企画・プロデュースした人。作家としては本作品がデビュー作。

主人公は30歳の郵便配達員。脳腫瘍で余命あとわずか。突然現れた悪魔と、僕の周りにあるものを消すことと引き換えに1日の命をもらうという、「悪魔の契約」を結んでしまう……。

設定がユニークで、人生についていろいろ考えさせられるストーリーだった。猫好きの人、たとえば村上春樹のような人にとっては、タイトルのような世界は耐えられないだろうなあ。

あと、当然ながら映画に対する愛に溢れた部分もあって、こちらの方は強く共感した。

もしそれがなくなったら、生きていけないものが果たしてあるか、考えてみたけど、思い付かなかった。本当になくなってから、そのかけがえのなさに気づくものかもしれない。

やっぱり、活字よりは映像で見たいタイプの物語だった。そのうち映画化されるかなあ。

|

« 『冷血』 | Main | 映画『華麗なるギャツビー』 »

Comments

こんなことがほんとうに起こったら悲し過ぎるということで、読んでません。読めません。
猫、存在が完璧過ぎです。
でも、映像化されたら観る前に読みます!

こちらもきのうやっと雨が降り、ひと息ついたところです。
紫陽花の微妙な色合いは、見ていて飽きませんねえ。

Posted by: ヤヤー | 2013.06.16 at 06:37 AM

ヤヤーさん、こんばんは。

そうですか、猫の存在は完璧過ぎですか。だとしたら、悲し過ぎてこの本が読めないのも宜なるかな、ですね。
オカダは残念ながらそこまでの猫好きではないですが、その気持ちはわかります。

>>でも、映像化されたら観る前に読みます!

そう言われると、ホントに映像化されることを願います。

こちらでも同じ日に雨が降ってひと息つきました。この記事、雨乞い効果があったのかも(笑)。
紫陽花の花を見るというのも、梅雨の時期の、数少ない楽しみの一つですね。

Posted by: オカダ | 2013.06.17 at 06:30 PM

The comments to this entry are closed.

« 『冷血』 | Main | 映画『華麗なるギャツビー』 »