« May 2014 | Main | August 2014 »

2014.06.06

『ノボさん』

Minibara0606

バラが咲く5月もあっという間に終わり、もう6月。この時期は、家に籠もって過ごすのにピッタなのだけど。

そんな折り、伊集院静 『ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石』 講談社 を読んだ。正岡子規については、小説『坂の上の雲』とNHKの同名のドラマでしか知らなかったのだけど、この小説は、また違った角度、特にサブタイトルにもあるように夏目漱石との関わりに重点を置いて書かれていて、学生の頃『こころ』をきっかけに漱石を読みふけっていたオカダとしては、非常に興味深く読んだ。

特に、子規が初めから俳句に傾倒していたのではなく、短歌や小説、評論等にも挑戦していたというのは意外だった。

非常に丹念に調べて書いていることが伺え、人を惹きつけてやまない子規の人間的魅力が生き生きと描かれていて、作者の、子規に対する尊敬の念を強く感じた。

ところどころで作者自身の考えも述べられていて、距離をおいて努めて客観的に書くという手法をとっていないところが、読んでいて、より生身の子規を感じることができた。

非常に充実した、読み応えのある小説だった。もう一度ドラマが見たくなった。読んでいて、子規として浮かんできたのはなぜか本木雅弘の方だった。

| | Comments (32)

« May 2014 | Main | August 2014 »