2012.08.03

アバック ホームシアター大商談会サマーin松山

7月28日、アバック主催のアバックイベントキャラバン2012 ホームシアター大商談会サマーin松山 が開催された。アバックが松山でこういうイベントが開催するのは初めてで、この機会を逃すとたぶん次は当分ないだろうということで、猛暑の中出かけてきた。

ちなみにアバックは、東京秋葉原に本店があるAV機器専門の販売店。今春、大阪にも支店ができた。以前、福岡店に一度行ったことがあるのだけど、今はないようだ。

お昼過ぎに会場に着くと、ONKYOのAVアンプの試聴会が始まっていたので参加。5.1chの音楽ファイルの再生が行われていて、非常にキレ、メリハリのある、解像度の高い音だった。ちなみに、プレーヤーはアメリカのOPPOのBDP-93NXEというBDプレーヤー。スピーカーは、フランスのフォーカル(以前のJSLabo)のchorusシリーズの9.1SP。

その後、プロジェクターを展示している部屋へ。こちらでは、4台のプロジェクターが同時に同じソフトの映像を投射していて、それぞれの機種の違いがわかるようになっていた。

ちらっと見てからAVアンプの部屋に戻り、今度はPIONEERの製品の試聴。製品の特徴の説明の後、音楽のライヴのBDを試聴。

その後またプロジェクターの部屋へ戻ると、三菱のLVP-HC7800Dという製品の試聴会が始まっていて、AV評論家の「映画番長」」こと堀切日出晴さんが解説をしていた。比較的安い製品だけど、結構綺麗な映像で、特に3D映像の画質はトップクラスだとか。

堀切さんの解説が面白くて、結局そのまま残り3機種の試聴も見た。さすがに最後のSONYのVPL-VW1000ESは、唯一のリアル4Kプロジェクターで、4Kでスキャンされたソフト、『サウンド・オブ・ミュージック』や『ベンハー』、『雨に唄えば』を見せてもらったけど、さすがに超高画質だった。

3Dソフトは『塔の上のラプンツェル』の、ランタンが空中を舞うシーンを見た。こちらもさすがに高画質で、メガネなしで見るのと同じくらい明るかった。

堀切さんによれば、3D映像は欧米では結構人気で、これからもどんどんソフトが発売されるそうだ。作り手側は、飛び出す映像よりは奥行き感のある映像を作る方向になっているとか。

また、今のオリンピックも各国では3Dで中継されているのに、日本だけは中継されていないそうだ。

堀切さんは、「映画番長」だけあって毎月80本!映画を見ているそうだ。御自宅では3D映像用にLVP-HC7800Dを、2D用にはLVP-HC9000Dをお使いとのこと。

また、字幕で映画を見ると、映像の損失率は60%にもなるとか。

4K映像ではその高解像度故に映画に対してより感情移入しやすくなるとのこと。対して3D映像では没入感が高まるという。そのためにも、視聴距離は画面の高さの2倍くらいがいいとのこと。

様々な映像を見ることができ、いろいろな話を聞くことができてとても有意義なイベントだった。堀切さんにサインをお願いしたら気さくにサインして下さり、一緒に記念写真も撮らせて頂いて、AVオタクとしてものすごく嬉しかった。

そのシャッターを押してくれたのが、アバックGRAND新宿店の元店長で、以前SONY製品の試聴会のときにお世話になった、現営業推進本部の関桂良さん。

堀切さん、関さんを始め、アバックや各メーカーのスタッフのみなさん、わざわざこんな地方都市まで来て下さって本当にありがとうございました。またいつか是非とも開催していただきたいです。

来場記念品として、折り畳み団扇や耐震マット、割引券まで頂いたので、オカダも売上に協力したかったのだけど、去年から今年にかけていろいろアバックの通販センターで買わせてもらった関係で、今回は大特価のモンスターケーブルのHDMIケーブルを買ったのみで、申し訳なかったです。さすがにVPL-VW1000ESは……(爆)。

イベントはそこそこの人出で、中年の御夫婦や、小さいお子さん連れの御家族なんかも来ていて、ホームシアターユーザーの裾野を広げるのに効果があったようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.26

長いお別れ

Xmasrose0326

やたらと雨の多いお天気にも負けず、おととしの暮れに買ったクリスマスローズの花がやっと咲いた。長かったけど、待った甲斐があった。

そんなおり、長年使ってきたスピーカーを買い替えることにした。結構気に入ってはいたのだけど、多少の不満がないわけでもなかったし、友人が去年新しく買ったスピーカーがとてもいい音を出すので、それに刺激されたというのも大きい。やっぱり自分は負けず嫌いなんだよなあ(笑)。

で、今度は村上春樹が使っているのと同じJBLというアメリカのメーカーのものを買うことにした。昔から、ジャズを聴くならJBL、という定評があって、ずっと憧れのブランドだった。それをやっと手に入れることができて、素直に嬉しい。もっとも、春樹さんのスピーカーはジャズ喫茶をやっていた頃から使っているかなり年季の入ったものだそうだけど。春樹さんは、気に入っているので当分手放す気はない、と以前雑誌に書いていたけど、あれから5年、まだ使い続けているだろうなあ。

これで、CDプレーヤー、アンプ、スピーカーとも春樹さんが使っているのと同じメーカーということになって、ミーハーなようだけどなんだか嬉しい。

本来なら実際に試聴してから買うべきなんだけど、田舎ゆえなかなか欲しい機種を聴くことができないので、結局ネットで集めた情報を元に、ネットで安いところを探して購入した。まだまだエージング(ならし使用)の途中なのだけど、予想どおりなかなかいい音で鳴っているのでよかった。

で、古いスピーカーにはとても愛着があるのだけど、2セットも置いておけるほどスペースに余裕がないので、ネットオークションに出すことにした。そしたら、予想を遥かに超える価格で落札されてびっくり。欲しい人が2人いて、かなり競り合ったようだ。ネットオークションはいろいろ問題もあるけど、やっぱりいいシステムだなあ。

前のスピーカー、新しい持ち主が気に入ってくれて、長く大切に使ってくれるといいなあ。娘を嫁に出す父親の気分がわかった、というのは大袈裟だろうなあ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.10.30

ソニーHDシアター視聴イベント

SONY・NEW HDシアター フルラインナップ徹底視聴会in新宿店 という大変長いタイトルのイベントに参加してきた。

会場はオーディオ・ビジュアル機器販売の専門店アバックのグランド新宿店。ヒルトン東京の地下1階、ショッピングアーケードにある。そこのホームシアターショールーム「メカリア」で開催された。20個のパイプ椅子が並べられていて、満員だった。商品の説明は、メーカーであるソニーの人が行った。

Avacjuk

まずは新しいAVアンプ、TA-DA5400ESの紹介。低ジッター化、広帯域化、そして自動音声補正機能に力を入れたそうだ。中でも自動音声補正機能は、わずか30秒で測定が完了したのにびっくり。綾戸智恵やヨー・ヨーマのSACDを聴いた。そして『ワイルド・レンジ 最後の銃撃』というケビン・コスナー主演の映画のDVDの銃撃シーンを視聴したのだけど、銃声が凄い迫力で驚いた。これはJBLの巨大スピーカー群のおかげでもあるのだろうけど。

その音出しに使われていたのが、新しいブルーレイディスクプレイヤー BDP-S5000ES。まだ12月の発売に向けて調整中とのことだけど、先のDVD『ワイルド・レンジ 最後の銃撃』が、まるでブルーレイディスクを見てるかのように高画質で、字幕も全くギザギザがないのに驚愕。まだまだDVDも見るから、この画質は魅力だ。

続いては新しいビデオプロジェクター、VPL-VW80のデモ。新しいパネル、そしてモーションフロー機能を搭載ということで、動きの激しいシーンでもくっきりした映像を見ることができた。

こういったイベントは初めての参加だったのだけど、あっと言う間の2時間だった。大都市圏に住んでいれば、こういうイベントに参加したりして実際に試聴してからAV機器を買うことができるのだろうけど、オカダの場合は雑誌やネットの情報だけで決めるしかないのが悲しいところ。今回、たまたま参加することができて非常にラッキーだった。

一番興味が湧いたのはブルーレイディスクプレイヤー。発売後1ヶ月くらいは様子をみて、来年早々には買うかもしれない。それまでにはなんとか予算を確保しておかないとなあ。AVアンプも中々よさそうだった。ビデオプロジェクターは予算的に問題外(笑)。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.07.18

レーザーディスクの処分

先日押し入れを整理した。オカダは未だに数十枚のレーザーディスクを持っているのだけど、さすがに最近はほとんど見ることもない。それで、もう見ることもなさそうなディスクのうち、手放せないものを倉庫にしまい、残りのディスクを売ることにした。一応プレイヤーを持ってる友人に訊いてみたけど、さすがに要らないという返事だった。

で、ショップに持っていくと、買取価格は1枚10円だという。1枚100円で売っているのだから仕方のない値段ではある。12枚で120円、まさに雀の涙ほど。買ったときは1枚7800円とかしたのに。さすがに手放すのが遅すぎたなあ。気の早い人は、ブルーレイディスクの普及を見込んで、早々にDVDを処分したそうだけど、オカダはまだ踏ん切れないなあ。

メディアの進歩はこれからも当分止まることはないだろうから、これから先も何度か買い替えることなるのだろう。レンタルで済ますのが一番安上がりではあるけど、手元に置いておきたいものも少なからずあるのが悩ましいところ。元々コレクター体質だしなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.14

個人輸入

このところの円高で輸入品が安く買えそうなので、初めて個人輸入をやってみることにした。アメリカのamaznではブルーレイディスクが安いので、前からもう1度見たいと思っていた『ブレードランナー』を注文することにした。以前ヤヤーさんの配偶者さんが買っていたのが気になっていたというのもあるし。何よりこれにはなんと日本語の字幕スーパーも収録されているのだ。またブルーレイディスクは、DVDと違ってアメリカ発売のものでも日本で見られる仕様になっている。

後、1枚だけじゃもったいないから日本未発売の、雑誌で紹介されていた画質音質とも優れた音楽モノを4枚ほど選ぶ。これなら英語、字幕なしでも大丈夫だし。合計が1万円を超えると関税がかかってしまうそうなので、超えないようにした。

で、巌窟王さんのサイトを参考にしながら注文してみた。思った以上に簡単だった。発送は料金の1番安い国際郵便にした。これだと基本送料の$4.99の他に、1枚あたり$2.99かかる。

そして待つこと13日、ちゃんと届いた。しかし、注文した後に『ブレードランナー』は日本でも発売が決まったというニュースが(^_^;)。でも、アメリカ版は5枚組なのに対し、日本版は2枚組。コストは、アメリカ版が102円で計算すると3258円、日本版はamazonの予約で26%offだと3686円。やっぱりアメリカ版の方がお得そうではある。

アメリカ版のブルーレイディスクで日本語字幕が入っているのは他にはあまりないようだ。字幕なしで英米の映画が見られる人なら、米amazonから買って、日本公開に先駆けて見るなんてこともできるわけだなあ。

Amazonblarun

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.12.18

アナログ回帰

ネットでオーディオマニアの人のブログを見ると、いまだにアナログレコードを聴いている人が結構多い。CDよりレコードの方が断然音がいいという人も少なくない。

それで、オカダも久しぶりにレコードをかけてみた。一応レコードプレーヤーも使える状態で置いているし、レコードもすぐ取り出せるように棚に収納してはいるのだけど、ほとんど聴くこともなかった。

レコードをかけてみたら、最初うまくいかなかった。で、トーンアームを調整してみたら、なんとか聴けるようになった。

Record1218

かけたのは、高中正義の『AN INSATIABLE HIGH』というアルバム。この中の「SEXY DANCE」という曲は、テレビ番組のBGMとしてよく使われていた。高中さんが『虹伝説』で大ブレイクする前のもので、リー・リトナーやハービー・メイスンがバックに参加している。オカダにとっては、ボーカルがない音楽というのが新鮮で、これ以降徐々にジャズを聴くようになっていったのだった。

聴いてみて、とても懐かしかった。アナログレコードにつきもののプチッやザーというノイズが盛大にあって、クリアーな音とは言えないものの、アナログらしい、いい音がした。レコードは取り扱いや手入れが面倒だけど、大きいジャケットは魅力的だ。

そういえば、村上春樹も熱烈なレコード派だったなあ。オカダも、ジャズのレコードを収集して、いつか真空管アンプで聴いてみたいものだなあ。

| | Comments (27) | TrackBack (0)

2007.11.29

クリスマスプレゼント

今年も、誰からもクリスマスプレゼントを貰えそうにない(逆にいうと誰にもあげる予定がない)ので、少し早いけど、自分で自分にプレゼントをすることにした。って、去年もそうだったけど。

で、今年はこれ。ちょっと思い切りました。

これはパナソニックの DMR-BW900 というブルーレイディスクレコーダーなんだけど、1TB!のハードディスクを内蔵しているので、BSハイビジョンの番組を90時間録画できる。映画にして約45本分。オカダにとっては、これで半年分録り溜めしておけることになる。

さらに、ハイビジョン番組をそのままブルーレイディスクにも録画できる。ブルーレイディスクのメディアは1枚1,000円くらいとまだ高いので、これはという番組だけを録画して保存することになるだろうけど。今まで使っていたレコーダーは、ハードディスクが500GBしかなかったので、すぐ一杯になってしまい、まだ見てない番組を泣く泣く消しては録る、の繰り返しだったけど、これでどうにか開放されそう。

また、BSチューナーを2機内蔵しているので、同時に2番組録画できるのが便利だ。この12月から、BSデジタルのチャンネルが「BSイレブン」と「トゥエルビ」と2つ増えるので、活用する機会も増えるかも。

というわけで、年末年始はがんがん録画して映画を見よう。と言ってたらすぐハードディスクが一杯になるかもしれないけど。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2007.09.19

『007 カジノ・ロワイヤル』

ブレーレイディスクプレイヤーとして買ったはずのプレイステーション3、すっかりゲーム機と化していたけど、この連休中にようやく初めてブレーレイディスクを見た。

見たのは、『007 カジノ・ロワイヤル』。あまり欲しい作品がなかったので、映像、音声共に評判のいいこれにした。

さすがにブレーレイディスクの映像は綺麗だった。作品にもよるのだろうけど、BSのハイビジョン放送の画質よりも鮮明だった。これなら、画面の大きさは別として、映画館で見る映画と同じくらいのレベルに思えた。技術の進歩はさすがに凄いものだなあ。

うちのプロジェクターは720P対応で、最新のフルハイビジョン対応ではないのだけど、十分綺麗だった。これなら焦ってフルハイビジョン対応のプロジェクターに買い替える必要もなさそうだ。

一方、音声の方も、それなりに迫力があった。

ストーリーは、今までのものと違って、かなり大人向けの重厚な展開で、好感が持てた。ただ、145分はちょっと長く感じた。冒頭の追いかけるシーンや、カジノのシーンをちょっと短くした方がよかったんじゃないかなあ。

ジェームス・ボンド役のダニエル・クレイグについては、もう少し甘さが欲しいと感じた。そういえば内田樹先生は昨年の暮れに「007全巻制覇の旅」を敢行されてて、ダニエル・クレイグのジェームス・ボンドについても語っていて、「ダニエル・クレイグは顔の右半分はわりといいのだけれど、左半分が悪相である」とのことだったけど、映画を見て納得。

共演のエヴァ・グリーンは確かに美しかった。オカダにとっては初見かと思ったら、『ルパン』にも出てたのだなあ。どうしても若き日のソフィー・マルソーとイメージがだぶってしまったけど。

早くブレーレイディスクが普及して、レンタルできるようになるといいのだけど、しばらくは無理だろうなあ。DVDの画質との違いは、40インチ以上のTVで見ないとわかりにくいだろうし。

そういえば、「007」を昔は「ゼロゼロセブン」と読んでたけど、最近は国内でも「ダブルオーセブン」と読むらしい。これも欧米並みに進化したということなんだろうか(笑)。

以下、AVマニア向けのおまけ情報w

PS3は、映像をHDMI出力にすると音声は光デジタルケーブルから出力されないという情報をネットで読んでいて、映像出力用に専用のコンポーネントケーブルを買ったのだけど、試しにHDMI出力をやってみたら、音声はちゃんと光デジタルケーブルから出力された。バージョンアップされたのかもしれない。

ただし、うちのプロジェクターは720Pだけど、1080Pの信号も受け付けるはずなのに、PS3を1080P出力にすると全く信号が映らなかった。720P出力で十分綺麗だから問題ないけど。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2007.09.11

ひさびさの衝動買い

買ったのはコレ。

ソニーのゲーム機、プレイステーション3。

以前から、BSハイビジョン放送よりもさらに綺麗な画像が収録されているBlu-ray Diskを見てみたいと思っていたのだけど、このプレイステーション3は、Blu-ray Diskプレイヤーとしての機能も持っているのだ。ちょうど、プレステ2がDVDプレイヤーの機能を持っていたように。

少し前、市内の電器店からセールのDMが来て、それにプレステ3も出ていて、結構安かった。で、つい欲しくなったのだけど、セール期間中にその店に行くことができず、結局ネットで取り寄せた。

ちなみに、ゲーム機を買うのがこれが初めて。ゲーム自体は、PCのゲームをやったことがあるけど。

そしてそのDMの、プレステ3の隣に載ってたのが、プレステ3用のゲーム。

amazonによると、「フランス全土を戦乱の渦に巻き込んだ"英仏百年戦争"の戦場を舞台に、プレイヤーが傭兵隊長となって部隊を率い、その部隊を直接操作して戦う新しいスタイルのアクションゲームです。それぞれのステージには数多くの拠点があり、それらの争奪により勝敗が決します。」というもの。ジャンヌ・ダルクやエドワード黒太子なども登場するらしい。

発売元が『三國志』シリーズや『信長の野望』シリーズのコーエーということもあって、ついつい注文してしまった。

オカダは反射神経を要求されるアクション系のゲームは苦手なんだけど(笑)、これは結構面白い。プレイヤーは傭兵なんで、条件によってフランス側についたりイギリスについたりと節操なくプレイできるのがクールな感じ。

また、映像も高画質なので、110インチ大画面、5.1サラウンドでプレイすると、臨場感タップリ。久々にオタク魂が復活した感じで、秋の夜長はしばしこれで楽しむことにしよう。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2006.12.19

クリスマスプレゼント

もうすぐクリスマス。でも今年も誰からもプレゼントをもらえそうにないオカダは、自分で自分にプレゼントを送ることに(笑)。

で一足早く買ったのはコレ。

寒い時期にシアタールームで音楽を聴いたり映画を見たりするとき、今まではエアコンをつけていたのだけど、風を吹き出す音が気になっていた。夜更けだとあまり音量を上げることができず、微かな高音、ささやき声などが聞きづらかった。

それで、音が静かな暖房器具を探してみて、部屋全体を暖めてくれそうなオイルヒーターに決めた。オイルヒーターと言えばデロンギが有名だけど、タイマーが動作するときカチカチという音がするということなので、こちらの方に。

使ってみると、空気を汚さず、部屋全体を暖めてくれるし、評判どおり全く音がしないのでよかった。ただし、十分暖かくなるのに30分くらいは時間がかかるようで、急いで暖めたいときはエアコンも併せて使うようにしている。

また、よく言われる欠点だけど、電気代がかなりかかるようだ。この製品も、最大消費電力が1500Wなので、かなり電気を使うだろう。オカダの場合は、利用するのが1日せいぜい2、3時間だし、毎日利用することもないので、許容範囲だとは思うけど。

あと、もっと寒くなったときに十分な暖かさが得られるかどうかもちょっと心配ではあるけど、工夫次第で何とかなるか(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧